• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】嵐の中に立つ旗──なぜトランプに反対するのか ティモシー・ダリンプル社長

【米クリスチャニティ・トゥデイ】嵐の中に立つ旗──なぜトランプに反対するのか ティモシー・ダリンプル社長

 

先日、「クリスチャニティー・トゥデイ」編集長のマーク・ガリが書いた社説「トランプはホワイトハウスから追い出されるべきだ」への反応は広範囲に及んだ。私たちのもとには、記事に感動した多くの読者から励ましのメッセージが届けられた。その感動は、孤独からの解放、そして新たに灯された希望から来るものだ。「涙を浮かべて社説を読んだ」、「信仰の道から離れた若者たちにもシェアした」、「自分たちが感じていたことをようやく誰かが明確に語ってくれて嬉しい」といったメッセージも多かった。そういった声を上げた読者たちは、今が米国の教会史にとって分岐点だ、もしくは分岐点となるべきだと感じている。彼ら彼女らは私たちに、「これまでの報いを受ける時が来た。しっかりと受け止めよう」と伝えているのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Reader responses to Mark Galli’s recent editorial have spanned the spectrum. We have received countless notes of encouragement from readers who were profoundly moved. They no longer feel alone. They have hope again. Many have told us of reading the editorial with tears in their eyes, sharing it with children who have wandered from the faith, rejoicing that at last someone was articulating what they felt in their hearts. They felt this was a watershed moment in the history of the American church—or they hoped it would prove to be. Stay strong, they told us, knowing we were about to reap the whirlwind.

ティモシー・ダリンプル「クリスチャニティー・トゥデイ」社長兼CEO(自身のツイッターより)

その一方で私たちは、怒りや屈辱を感じた多くの読者からの便りも受け取っている。そのメッセージは、「この社説は中傷行為だ」、「同じ福音派の仲間をひとくくりにして不当に扱っている」、「私たちが大事にしている課題について多くの功績を残している大統領よりも民主党のほうが好きなのか」といったものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
On the other hand, we have heard from many readers who felt incensed and insulted. These readers felt the editorial engaged in character assassination, or maligned a broad swath of our fellow evangelicals, or revealed that we prefer the Democrats to a President who has done a lot of good for causes we all care about.

当然のことながら、私たちは励ましの言葉を感謝し、批判には謙虚に耳を傾ける。しかし、最終的に私たちが大事にしているお方はただ一人、神のみだ。神は私たちの塔。嵐が来るのならば、受け止めよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Of course, we appreciate the support and listen humbly to the criticisms. But at the end of the day, we write for a readership of One. God is our Tower. Let the whirlwind come.

ドナルド・トランプ大統領の言葉を聞いて、私たちを「極左」だと信じた読者もいるだろう。「『クリスチャニティー・トゥデイ』は、聖書を信じるクリスチャンではない」と言う人もいる。しかし、それはどちらも正しくない。「クリスチャニティー・トゥデイ」の神学は保守的だ。私たちは人工妊娠中絶に反対だし、伝統的家族像を大切だと考えている。また、すべての人が賜物を用いて価値を創造するために必要な「信教の自由」や「経済的制度」を堅く支持している。そして、聖書の権威を信じている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
President Donald Trump would have you believe we are “far left.” Others have said we are not Bible-believing Christians. Neither is true. Christianity Today is theologically conservative. We are pro-life and pro-family. We are firm supporters of religious liberties and economic opportunity for men and women to exercise their gifts and create value in the world. We believe in the authority of Scripture.

また私たちは、国際的な伝道活動にも関わっている。世界各地で取材活動をし、神の民を通して神がなさっていることの大きさ、奥深さを目にしてきた。神のわざは息をのむほど美しく、圧倒的なスケールで行われている。世界的なキリストの体、そして福音派コミュニティーは、国内で起きている政治闘争など、ちっぽけに思えるほどの規模を持っている。その世界的なコミュニティーを前にして、私たちが(今回の件で)沈黙を破らざるを得なかったという面もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We are also a global ministry. We travel the world and see the breadth and depth of what God is doing through his people all around the planet. It is beautiful, and breathtaking, and immense. The global Body of Christ—and the community of evangelicals—is vastly larger than our domestic political squabbles. But partly on behalf of that global body, we can no longer stay silent.

米国の福音派はこれまでずっとグループ同士のゆるやかな連合だった。互いに争うこともあり、共闘することもあった。私たち「クリスチャニティー・トゥデイ」は、「確固たる意見を持つこと」、「自由に議論できるようにすること」のバランスについて改めて学ぶ必要があると考えている。つまり、「立てられる旗」と「対話のテーブル」はどちらも必要だということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
American evangelicals have always been a loose coalition of tribes. We have fought one another as often as we have fought together. We at Christianity Today believe we need to relearn the art of balancing two things: having a firm opinion and inviting free discussion. We need, in other words, both a flag and a table.

(写真:Daniel Case)

まずは旗について話そう。「社説で述べられたことについて本部は支持しているのか」ということについて多くの問い合わせがあった。マーク・ガリ編集長は、団体を代表して意見を述べたのだろうか。「クリスチャニティー・トゥデイ」に編集委員会はない。記者は記事を自分の名前で公開する。ガリは30年以上にわたり、信仰を持つ人々の間に立ってきた。彼は優れた編集長だ。本誌の幹部やスタッフの間にもさまざまな意見があり、彼が本誌を代表して意見を述べることはできない。しかし、彼は本誌の編集に関する権限を持っている。私たちは「クリスチャニティー・トゥデイ」編集部の独立性を支持するし、編集長が現代社会の問題について発言することは、私たちの活動にとって不可欠なことだと考えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
First, then, the flag. Numerous reporters have asked whether the ministry supports what was stated in the editorial. Was Mark Galli speaking on behalf of the institution? CT does not have an editorial board. Editors publish under their own names. Yet Galli has stood in the trenches for men and women of faith for over three decades. He has been an outstanding editor in chief. While he does not speak for everyone in the ministry—our board and our staff hold a range of opinions—he carries the editorial voice of the magazine. We support CT’s editorial independence and believe it’s vital to our mission for the editor in chief to speak out on the issues of the day.

一団体としての「クリスチャニティー・トゥデイ」は、党派政治に与(くみ)することに興味はない。特定の選挙候補者を支持することもない。私たちは、聖書に書かれた知恵と美しい物語について、「教会に向けて」、そして「教会から世界に向けて」発信することを目指している。政治は重要だが、死者を生き返らせることはできない。私たちは、政党の行方(ゆくえ)よりもはるかに、神の栄光を現すこと、教会の証しを立てること、そして世界の出来事を知らせることにコミットしている。政党は栄えたり衰えたりするものだが、教会の証しは世界の希望であり、最も大切なのは、その証しが高潔なものであることだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As an institution, Christianity Today has no interest in partisan politics. It does not endorse candidates. We aim to bring biblical wisdom and beautiful storytelling both to the church and from the church to the world. Politics matter, but they do not bring the dead back to life. We are far more committed to the glory of God, the witness of the church, and the life of the world than we care about the fortunes of any party. Political parties come and go, but the witness of the church is the hope of the world, and the integrity of that witness is paramount.

米国の福音派がトランプ大統領を支持することは、キリスト者としての証しを大きく損なうものだと言わざるを得ないのは、政治的党派主義や知的エリート主義ではなく、イエスと教会への愛によるものだ。トランプ支持は、私たちのあとに続く世代の多くを遠ざけている。また、アフリカ系米国人、ヒスパニック系米国人、およびアジア系米国人の兄弟姉妹を傷つけた。そしてそれは、遠く離れた土地で従事している数えきれないほどの宣教師の働きを損なうものだ。トランプ政権は、一部の国では高く評価されているかもしれない。しかし、「キリストの花嫁」である教会全体が、福音派によるトランプ政権全面支持によって受けている批判は、それよりも大きい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Out of love for Jesus and his church, not for political partisanship or intellectual elitism, this is why we feel compelled to say that the alliance of American evangelicalism with this presidency has wrought enormous damage to Christian witness. It has alienated many of our children and grandchildren. It has harmed African American, Hispanic American, and Asian American brothers and sisters. And it has undercut the efforts of countless missionaries who labor in the far fields of the Lord. While the Trump administration may be well regarded in some countries, in many more the perception of wholesale evangelical support for the administration has made toxic the reputation of the Bride of Christ.

ガリの社説は弾劾審議に焦点を当てたものだが、この問題がより深く、より広範囲にわたるものであることは元より明らかだ。公平な人であれば、この弾劾審議が党派的に偏ったプロセスで行われていることには反対するだろう。しかしこの問題は、弾劾審議やトランプ大統領自身について考えるだけでは収まらない。彼自身が病原菌なのではなく、私たちがすでに抱えていた病気の一症状が彼なのだ。その病気とは、米国において教会が政治に偏りすぎたことだ。これは、どういった政治を支持するかに関係なく、私たちすべてが陥る危険性だ。イエスは、「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」(マタイ22:21)と言われた。深い愛と敬意を持って、私たちはキリストにおける兄弟姉妹に問いたい。「神だけのもの、すなわち『無条件の忠誠心』を皇帝に与えてはいないだろうか」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Galli’s editorial focused on the impeachment, but it was clear the issues are deeper and broader. Reasonable people can differ when it comes to the flagrantly partisan impeachment process. But this is not merely about impeachment, or even merely about President Trump. He is not the sickness. He is a symptom of a sickness that began before him, which is the hyper-politicization of the American church. This is a danger for all of us, wherever we fall on the political spectrum. Jesus said we should give to Caesar what is Caesar’s and to God what is God’s. With profound love and respect, we ask our brothers and sisters in Christ to consider whether they have given to Caesar what belongs only to God: their unconditional loyalty.

ここで、二つの誤解について弁明したい。今回の問題は、トランプ政権が(保守的な思想を持つ)最高裁判事を任命したことや、人工妊娠中絶阻止、家族、信教の自由の擁護などの政策について私たち福音派が関わっているということではない。私たちは現政権が達成した善について喜び、祝福している。問題なのは、私たち福音派はトランプ大統領の悪についても関わりを持っているということだ。その悪とは、繰り返される不道徳性、貪欲さ、腐敗、分裂をもたらす性質、人種差別、移民や難民に対する残酷さや攻撃性などだ。ほかの言葉に言い換えるなら、問題なのは「支持の判断に一貫性があるかどうか」ということなのだ。「彼の業績をたたえる」ことと、「彼が明らかに権力を乱用しているのに、それを見逃したり否定したりする」ことは、別口で考えられるべきことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Let me protect against two misunderstandings. The problem is not that we as evangelicals are associated with the Trump administration’s judicial appointments or its advocacy of life, family, and religious liberty. We are happy to celebrate the positive things the administration has accomplished. The problem is that we as evangelicals are also associated with President Trump’s rampant immorality, greed, and corruption; his divisiveness and race-baiting; his cruelty and hostility to immigrants and refugees; and more. In other words, the problem is the wholeheartedness of the embrace. It is one thing to praise his accomplishments; it is another to excuse and deny his obvious misuses of power.

(同様の理由だが、)今回のことは、トランプを支持する福音派に対する批判でも、民主党への援護でもない。2016年の大統領選挙で、福音派の有権者は難しいジレンマに直面した。候補者の一人は、私たちが反対する多くの政策を推しており、もう一人は、この国の共和制と教会の証しを危険にさらしうるほど不道徳な人間だった。私たちの敬愛する数多くの人々が(諸手をあげて、あるいは渋々)トランプ候補に投票した。私たちが愛し尊敬する友人たちも、顧問あるいはメンバーとしてトランプ政権に加わった。私たちは、その人々がこの堕落した世界のために知恵と力を尽くして奉仕していると信じている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Similarly, this is neither a criticism of the evangelical Trump voter nor an endorsement of the Democrats. The 2016 election confronted evangelical voters with an impossible dilemma: Vote for a pro-choice candidate whose policies would advance so much of what we oppose, or vote for an extravagantly immoral candidate who could well damage the standing of the republic and the witness of the church. Countless men and women we hold in the highest regard voted for President Trump, some wholeheartedly and some reluctantly. Friends we love and respect have also counseled and worked within the Trump administration. We believe they are doing their best to serve wisely in a fallen world.

しかし私たちは、福音派がこの大統領を支持したことによって、国内外において行われるキリストの証しが損なわれたと信じている。失われたものは大きい。米国の福音派は共和党のPR団体ではない。私たち(福音派)は多様性を持つ運動だし、(キング牧師の言葉を借りれば)「国家の良心を保つ存在」になれるよう、事態によっては政党と協力しつつも、預言者のように常に政党とは一定の距離を取るべきだ。これが私たちの信念であり、私たちが立てている旗だ。そして、私たちは孤独に闘っているのではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We nevertheless believe the evangelical alliance with this presidency has done damage to our witness here and abroad. The cost has been too high. American evangelicalism is not a Republican PAC. We are a diverse movement that should collaborate with political parties when prudent but always standing apart, at a prophetic distance, to be what Martin Luther King, Jr. called “the conscience of the state.” That is what we believe. This is where we plant our flag. We know we are not alone.

(写真:Sundae2Sundae)

次に「テーブル」について話そう。テーブルは歓迎の場所であり、パンを分かち合い、友情を築く場所だ。分極化、敵意、誤解に支配されている政治情勢の中で、クリスチャン一人ひとりが確固たる意見を持ちながらも、同時に自由な議論ができる方法を探ることが重要だと私たちは考えている。福音派にはさまざまな色を持つグループが混在しているが、これ以上互いに声を荒げたり、意見が合わない者をいじめたり、互いを排除して耳を閉ざしたりすべきではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Now, to the table. A table is a place of welcome, a place where bread is broken and friendships are forged. In a political landscape dominated by polarization, hostility, and misunderstanding, we believe it’s critical for Christians to model how to have a firm opinion and host free discussion at the same time. Evangelicals of different stripes cannot continue to shout one another down, bully those who disagree, or exclude one another and refuse to listen.

「福音派がトランプ大統領を手厚く支援したことによって莫大な損害が生じた」という自分たちの立場を私たちは堅持するが、異なる意見を持つクリスチャンたちとの対話にもコミットしている。(この記事の発表準備をしている最中にも、※公開書簡が発表された。私たちはその公開書簡に込められた想いに感謝している。この記事によって新たな対話が起こされることを願っている)。

※福音派の指導者ら約200人が署名した、「クリスチャニティー・トゥデイ」誌のティモシー・ダルリンプル社長宛ての公開書簡が昨年12月22日に発表された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We hold fast to our view that the wholehearted evangelical embrace of Trump has been enormously costly—but we are committed to irenic conversation with men and women of good faith who believe otherwise. (And since an open letter was published even as we were preparing to publish this statement, let me simply say that I appreciate the thoughts it expresses, and I hope this statement too can be the beginning of a dialogue.)

箴言27章6節には「愛する人の与える打ち傷は真実」と書かれている。私たち自身の罪深さ、限界性を深く認識しつつも、私たちの立場に対する賛同者と反対者双方の意見を交えて、これからも記事を掲載していく。これから私たち福音派は、信仰的アイデンティティーによって、市民である自分たちがどんな行動に向かうべきなのか、真剣に議論しなければならない。私たちは、さまざまな思想背景を持った、思慮と良心に富んだ人たちに執筆を依頼している。そのエッセイは1月中旬より掲載される予定だ。このシリーズが、謙虚な心をもって共に集い、互いから学ぶことのできる機会となることを願っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In the words of Proverbs 27:6, “faithful are the wounds of a friend” (ESV). Deeply aware of our own sinfulness and limitations, we are going to invite supporters and critics alike to produce essays agreeing or disagreeing with our stated views. It is time for evangelicals to have a serious discussion about how our identity as Christians shapes our activity as citizens. We will invite authors who represent a variety of viewpoints in a thoughtful and charitable manner. We will publish those essays in mid-January. We hope we can come together in convicted humility and learn from one another.

今(米国「クリスチャニティー・トゥデイ」で本記事は2019年12月22日に掲載された)はクリスマスを祝う時期だ。キリストは、暗闇の中で生きている人々を照らす光。また対話が再開される時を楽しみに待ちたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Now it is time for Christmas. Christ is still the light that shines upon a people living in darkness. We look forward to resuming the conversation soon.

旗が立てられ、テーブルがセットされた。皆さんにも、どちらかに参加していただけるよう願っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The flag is planted. The table is set. We invite you to join us at either one.

執筆者のティモシー・ダリンプルは、「クリスチャニティー・トゥデイ」の社長兼CEO。

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/ct/2019/december-web-only/trump-evangelicals-editorial-christianity-today-president.html

Share

Related Posts