訃報

上智大学元学長の土田將雄氏、帰天 95歳

投稿日:

Print Friendly, PDF & Email

 

上智大学第10代学長でイエズス会司祭の土田將雄(つちだ・まさお)氏が26日午前8時38分、老衰のため、ロヨラハウス(東京都練馬区)で帰天した。95歳。

土田將雄氏(写真:上智大学提供)

通夜は30日(火)午後7時半から、葬儀ミサ・告別式は31日(水)午後1時半から、カトリック麹町教会(聖イグナチオ教会)主聖堂(東京都千代田区麹町6−5−1、電話:03・3263・4584)で執り行われる。喪主は、イエズス会上石神井修道院長のクスマノ・ジェリー司祭。イエズス会と上智学院の合同葬。

土田氏は1923年、東京都生まれ。43年、慶應義塾大学経済学部入学、同年、横須賀第二海兵団に入り、45年、海軍中尉。戦後、復学し、イエズス会に入る。47年、慶應義塾大学卒業、52年、上智大学文学部哲学科卒業、54年、同大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。57年、同神学研究科神学専攻修士課程修了、58~59年、フランスやイギリスなどで学ぶ。62年、慶應義塾大学大学院文学研究科国文学専攻修士課程修了、65年、同博士課程満期退学。90年に慶應義塾大学にて文学博士号を取得。専門は国文学(中世文学)。細川ガラシャの舅(しゅうと)で、近世歌学を大成させた細川幽斎(ゆうさい)を研究した。

59年に上智大学文学部講師に着任し、66年、同助教授、69年、同教授、88年、同特遇教授を経て、93年に同大名誉教授。また、図書館長、国文学科長や文学部長等を歴任した後、87年4月から93年3月まで、同大学長を2期6年務めた。

さらに、日本カトリック大学連盟会長、日本私立大学連盟副会長、日本私立大学団体連合会副会長、文部省大学設置・学校法人審議会委員や文部省生涯学習審議会副会長などを務め、高等教育の発展にも尽力した。

同大学長を退任後は、93年10月から藤女子大学・藤女子短期大学(札幌市)の学長を3年半、97年4月から雙葉学園(千代田区)の理事長を9年間、それぞれ務めた。2008年春の叙勲では、瑞宝重光賞を受章している。

著書は、『細川幽斎の研究』(笠間書院、76年)、『細川幽斎事蹟と和歌』(同、78年)、『続 細川幽斎の研究』(同、2008年)など多数。

-訃報
-

2018年11月17日 患難との戦い(フィリピの信徒への手紙 1:12-20)
Print Friendly, PDF & Email

兄弟たち、わたしの身に起こったことが、かえって福音の前進に役立ったと知ってほしい。

つまり、わたしが監禁されているのはキリストのためであると、兵営全体、その他のすべての人々に知れ渡り、

主に結ばれた兄弟たちの中で多くの者が、わたしの捕らわれているのを見て確信を得、恐れることなくますます勇敢に、御言葉を語るようになったのです。

キリストを宣べ伝えるのに、ねたみと争いの念にかられてする者もいれば、善意でする者もいます。

一方は、わたしが福音を弁明するために捕らわれているのを知って、愛の動機からそうするのですが、

他方は、自分の利益を求めて、獄中のわたしをいっそう苦しめようという不純な動機からキリストを告げ知らせているのです。

だが、それがなんであろう。口実であれ、真実であれ、とにかく、キリストが告げ知らされているのですから、わたしはそれを喜んでいます。これからも喜びます。

というのは、あなたがたの祈りと、イエス・キリストの霊の助けとによって、このことがわたしの救いになると知っているからです。

そして、どんなことにも恥をかかず、これまでのように今も、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。

(フィリピの信徒への手紙 1:12-20)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.