新連載小説「月の都」──キリスト者の自死に射す一条の光 下田ひとみ

 

クリスチャンでも風邪をひきます。病気になります。心の病に罹(かか)ります。事故に遭(あ)うし、天災にも見舞われます。そして時に、自死ということも起こります。

いまから10年くらい前のことです。一人の牧師先生が私に打ち明け話をしてくださいました。それは、その先生の教会に起こった悲劇的なある出来事でした。伝道師さんが自死されたのです。

先生は淡々と語られましたが、それは聞くのもつらい内容でした。自死という現実の前には、人は言葉を失います。

お話は1時間半ほど続きました。

苛酷な話でした。それを物語っている部屋は、闇そのもののような空間に思えました。事実、話を始めてからいつのまにか夕方になっていました。電気の点(つ)いていない部屋は暗かったのです。

やがてそのうち、不思議なことが起こりました。部屋の中に光を感じたのです。それは細長い一条の光でした、

この悲劇のどこに光があるのか、私にはわかりませんでした。

牧師先生は憔悴(しょうすい)しきった表情で語り続けておられます。

けれど光は、たしかにありました。

はっきりと見えるほどに。

闇のただ中に、神様は私に一条の光を見せてくださったのです。

 

「月の都」は、この時の感動を基に、自死をテーマにストーリーを創り、書き上げた作品です。

作品中には30代から60代までの3組の夫婦が登場します。

幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、挫折、そして愛……。

テーマが重いので、暗くならないように心がけ、軽い笑いも入れました。読者の皆様に楽しみにしていただける連載となりますようにと、心から願っています。

(これから毎日、午後6時に掲載します=編集部)

月の都(1)

Share

Related Posts

  1. 【今日は何の日】1878年9月22日 吉田茂の誕生日

  2. メジャーリーグの「人種の壁」を壊したジャッキーとリッキー

  3. 【クリスチャンな日々】第1回 「ふさわしい」必要なんてないんです。 MARO

  4. サクランボのパラドックス  〜名君フリードリヒ2世の失敗〜

  5. 【今日は何の日】1952年8月17日 ネルソン・ピケ誕生日

  6. 2020年10月30日「来て、見なさい」

  7. 7月22日はナッツの日

  8. 12月17日 はベートーヴェンが幼児洗礼を受けた日

  9. 4月18日「キリストに結ばれて」

  10. 【聖書の不思議あれこれ!】第10回 兄弟ケンカの結末は? 泣くな、カイン!(後編) パダワン青木

  11. 10月18日は長岡輝子の召天日

  12. 誰もが知るあの童謡作家が、キリシタンたちに抱いた共鳴

  13. 【イースター・メッセージ】神さまが共におられる神秘(48)稲川圭三

  14. 【夕暮れに、なお光あり】 また会う日まで 上林順一郎 2020年11月11日

  15. 2020年11月15日「渇いている人はだれでも」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。