【連載小説】月の都(16)下田ひとみ

 

数蒔(かずま)の病室にいた時であった。一人息子の勲(いさお)は学生で、普段は京都で下宿生活をしている。父親危篤(きとく)の知らせに帰省をし、紘子とともに病院に詰めていた。

病院は海辺に建っており、数蒔の病室は海に面していた。穏やかな陽が窓から射し込み、波の音が聞こえている。

そのとき紘子はベッドの脇の椅子に腰かけ、林檎(りんご)の皮をむいていた。勲は長椅子で雑誌を読んでいる。テーブルに置かれたガラス製の水差しが陽を浴びて光っていた。

「決めたよ」

夫は眠っていると思っていたので、紘子は驚いて顔を上げた。

「あなた?」

「山賀神父を呼んでくれ」

その言葉を紘子は不審に思った。山賀神父とは、西長坂カトリック教会の司祭だった。夫とは数度、面識がある程度で、親しい仲ではない。

「山賀神父様に何かご用ですの」

「洗礼を受けたいんだ」

紘子は果物ナイフをゆっくりと皿に置いた。何を聞いたのか、わからなかった。それをどう受けとめていいのかも、わからなかった。突然の、あまりに思いがけない言葉であった。

勲は素直に「回心」と理解したようだった。立ち上がって、父親のもとに行くと、その手をにぎり、声を詰まらせた。

「お父さん……

「早く……間に合わなくなる」

そう言うと、数蒔は引き込まれるように眼を閉じてしまった。昏睡(こんすい)に陥ったようであった。

電話で事情を伝えると、山賀神父が駈けつけてきた。

紘子は、何が起きているのか、わからなかった。

何が起ころうとしているのかも、わからなかった。

眼を閉じた夫の姿を、ただ凝視していた。

 

この間にも短い秋の日は暮れていった。

太陽が西に傾き、海に沈んでいく。

色を深めていく紫色の空。

暮れなずむ銀色の水面。

浜辺には子守歌のような潮騒(しおさい)が響いている。

やがてすべては闇に覆われていった。

 

数蒔が目を覚ましたとき、紘子は夫の手をにぎっていた。

「山賀神父様に来ていただきましたよ」

紘子が声をかけると、数蒔は穏やかに頷(うなず)いた。

替わって神父が枕元で話しかけた。

「西長坂教会の司祭をしている山賀です。洗礼をお受けになりたいということですが、今お受けになりますか」

数蒔の眼が深く頷いた。

「イエス・キリストをあなたの救い主と信じますか」

弱々しい声であったが、数蒔は明確に答えた。

「はい」

枕元に聖水が用意された。

神父が式文を読み上げ、聖水を手にした。

「私は父と子と聖霊の御名によって、あなたに洗礼を授けます」

まるですべての力を使い果たしてしまったかのようだった。洗礼が授けられた後、数蒔はふたたび昏睡に陥った。何度声をかけても、手をにぎっても、何の反応もなかった。

そのまま息を引き取った。(つづく)

月の都(17)

Share

Related Posts

None found

  1. 11月12日は島尾敏雄の帰天日

  2. 2020年8月24日「いなくなっていたのに見つかったのだ」

  3. 【今日は何の日】8月20日 蚊の日

  4. 2020年10月8日「自分の奉仕を通して」

  5. 6月25日は弘前学院大学の創立記念日

  6. 3月30日「苦難をも誇りとします」

  7. 【今日は何の日】7月12日 洋食器の日

  8. 5月20日からLINE Pay300億円祭

  9. クラファン応援!限定公開【大頭眞一の「焚き火」日記】 石川ヨナ之巻(3) 2020年10月11日

  10. 5月22日はコナン・ドイルの誕生日

  11. 【宗教リテラシー向上委員会】 ウィズコロナ時代の教会(3) 川島堅二 2020年11月1日

  12. 7月23日はふみの日

  13. 5月1日はアイルトン・セナの帰天日

  14. 【Road to えきゅぷろ2022】 コロナ禍に翻弄された1年

  15. 神さまが共におられる神秘(65)稲川圭三

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。