【連載小説】月の都(18)下田ひとみ

 

癌(がん)と聞いて、クリスチャンとして生きることを放棄しようと紘子(ひろこ)は決心した。残された日々を夫とひとつ心で過ごすのだ。夫と出会ったあの頃のように──

口に出しては言わなかったが、数蒔(かずま)はそのことを感じ取っていたはずである。

彼は一度だけ尋ねた。

「教会は?」

紘子はさりげなく答えた。

「もう行かないの」

数蒔にはわかったはずである。ふたたび夫と同じ道を歩むことを選んだ妻の心を──

神はいない。

そう信じることができたら、どんなに楽になるだろう。少なくとも、夫はそう信じているのだ。だから私ももう一度、この道を歩いてみよう。

歩き続けていれば、いつかはこの道に慣れるかもしれない。ほかに道があったことを忘れられるかもしれない。もしかしたら、それこそが私にとっての救いとなるかもしれない。歩き続けていれば、私の知らないどこかへ辿(たど)り着けるかもしれない。

いいえ、そうではない。

私は楽になることを願ってはならないのだ。すべては「ふり」なのだから。

私は何も信じない。

神がいることも、神がいないことも、信じない。

一番大切なのは、夫と私の関係なのだ。

私たちは夫婦なのだから、だから同じ道を歩む。夫が信じている道を、妻である私も。今こそ、そうするべきなのだ。

考えて、考えて、悩み抜いての末の決断であった。

それなのに数蒔は洗礼を受けたのである。

それはまったく妙であった。

紘子にはどうしても合点がいかなかった。数蒔は妻を大切にする人間であった。妻の心根を知りながら裏切るのは、彼らしくない。それも、いまわのきわになって。これではもう永遠に取り返しがつかないではないか。

このようなことを思いあぐねて、悶々(もんもん)と日々を送っているうちに、いつしか紘子の頭に、ひとつの疑問が渦巻くようになったのである。あの人は、もしかしたら、知っていたのだろうか。

あの秘密を──

まさか……

でも……

恐ろしかった。

そう疑うこと自体が、あまりに紘子には恐ろしかった。

あの人は知っていたのだろうか。

だから、私を苦しめようとして……

もしかしたら最後の最後になって、積年の望みを果たしたのだろうか。

洗礼を受けたのは、私への復讐なのだろうか。(つづく)

月の都(19)

 

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】11月23日 聖ゲオルギオスの祝日(ジョージア)

  2. 4月2日は高村光太郎の命日

  3. 【連載小説】月の都(41)下田ひとみ

  4. 「英雄」ナポレオンの名前を破り捨てた「楽聖」ベートーヴェン 

  5. 【連載小説】月の都(50)下田ひとみ

  6. 5月7日「百倍の実を結ぶ」

  7. 4月21日は北城恪太郎さんの誕生日

  8. 神さまが共におられる神秘(10)稲川圭三

  9. 5000円札の現在・過去・未来とキリスト教

  10. 6月25日は弘前学院大学の創立記念日

  11. 12月27日はケプラーの誕生日

  12. 6月15日は巌本善治の誕生日

  13. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(24)「私の死と私の物語

  14. 【今日は何の日】9月2日 宝くじの日

  15. 2020年9月23日「なぜわたしを迫害するのか」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。