【連載小説】月の都(28)下田ひとみ

 

岡島記念病院の前にタクシーが停まった。

ドアが開くと、飛び降りた真沙子は小走りで玄関を入っていった。リノリウムの床に真沙子の足音が響いている。受け付けを通り越してまっすぐにエレベーターに向かい、中に入ると7階のボタンを押した。

「早く。早く着いて!」

真沙子は口に出して叫んだ。

エレベーターのドアが開くと、フロアの長椅子に謙作が座り込んでいた。

「ケンちゃん」

謙作がゆっくりと顔を上げた。

「藤崎先生は……

「助かった」

真沙子は謙作の隣にくずおれるように座り込んだ。

「よかった……

「発見が早かったらしくて」

両手で顔を覆った真沙子は、しばらくうつむいたままの姿勢でいた。

「大丈夫、マコ?」

「大丈夫。覚悟の上のことだもの」

顔を上げた真沙子は、滲(にじ)み出た涙を指で拭った。

「子供たちは?」謙作が尋ねた。

「お隣に預けてる」

看護師がワゴンを押して詰め所から出てきた。職員がカルテを手に通り過ぎていく。面会コーナーではパジャマ姿の患者や見舞い客たちが談笑していた。

真沙子はぼんやりとその光景を眺めていた。

心が麻痺(まひ)してしまったようで、何も考えられなかった。恐れていたことがやはり起こってしまったのである。その衝撃から抜け出せずにいた。

「とにかく助かったんだ」

謙作がつぶやいた。自分に言い聞かせているようだった。

「そうよね」

「感謝しなくちゃな」

「うん……

 

しばらくして主治医の辻(つじ)から説明を受けた。身体は数日で回復するはずだが、精神状態が落ち着くまで面会は許されないとのことだった。

謙作は真沙子といったん帰ることにした。昼食もまだだし、仕事も残っている。

謙作はふみのことを思い出し、病院から電話をした。

「藤崎先生と連絡がとれました」

「先生はどちらに」

「急病で……入院されましたが、たいしたことはないようです。ご心配だと思って、取り急ぎお電話させていただきました」

本当のことは今は話せない。

申し訳ないと思いながら電話を切った。

 

夕方になって、謙作の携帯電話が鳴った。

「岡島記念病院の辻といいます」

「辻先生、先ほどはどうも……

「実は……

辻医師の声は、なぜかためらいがちだった。

「何か?」

「藤崎さんについ今し方、事故がありまして……

「事故?」

「看護師が目を離した隙(すき)に、窓から……。残念ですが藤崎さんは、お亡くなりになりました」(つづく)

月の都(29)

Share

Related Posts

None found

  1. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第5回 下北沢にて

  2. 2020年10月12日「イエス・キリストについて教え続けた」

  3. ラスプーチンの「怪僧」たる由縁は字が読めなかったから?

  4. 4月22日「わたしたちは主のもの」

  5. 【東アジアのリアル】 台湾キリスト教長老教会の視点から見た李登輝 鄭 睦群

  6. 5月24日「主がお入り用なのです」

  7. 2月9日「畑に宝が隠されている」

  8. 5月11日は前田多門の誕生日

  9. 【今日は何の日】1587年7月24日 バテレン追放令発令

  10. 【連載小説】月の都(43)下田ひとみ

  11. 「野球の神様」を産んだのは神に仕える人でした 〜ベーブ・ルースの誕生日〜

  12. 5月22日「すべての人のしもべに」

  13. 3月28日は椎名麟三の召天日

  14. 2020年11月26日「いつも一緒にいるわけではない」

  15. 教理も死も超えて(下) 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】最終回

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。