【連載小説】月の都(49)下田ひとみ

 

病院に着いた真沙子は、分娩控え室に直行させられた。着替えを済ませると、直(ただ)ちに点滴が始まった。

分娩控え室は広く、向かい合わせに4つずつ、8つのベッドが並んでいた。ベッドとベッドの間はカーテンで仕切られている。真沙子が入室した時は2つのベッドが埋まっており、それぞれに家族らしき人が付き添っていた。

真沙子のベッドは入り口から右の列、奥から2番目であった。入院の手続きを終えた謙作が部屋に入ってきた。真沙子の点滴の落ち具合を確かめたあと、謙作はベッドサイドの椅子に腰かけた。

「いよいよだね」

「うん」

「がんばれよ」

「ケンちゃん、あのね……」

そう言ったきり、なぜか真沙子は黙ってしまった。

「何?」

「もし、もし男の子だったら、ごめんね……」

謙作がほほ笑んだ。

「何言ってんだよ。キキョウちゃんはジョーク。どっちだっていいんだよ。そんなこと、気にしてたの?」

「だって……」

枕元の明かりが真沙子の顔をだいだい色に染めている。

謙作は真沙子の前髪にそっと手を触れた。

「命が与えられるんだよ。神様からぼくたちに」

「……」

「男の子だって、女の子だって、これ以上の贈り物なんてないよ」

謙作は真沙子の前髪をゆっくりと指で梳(す)いている。真沙子は天井を見つめて不安そうに言った。

「いろんなことを考えるの。どんな子供が生まれてくるのかな。女の子だったらいいな。そうしたらケンちゃんが喜ぶだろうな。男の子だって嬉しいけど。でももし、どこか障がいがあったら、どうしよう……。そんな子供のお母さんに私はなれるかしら。もしもそんな子供が生まれてきたら、ケンちゃんはどう思うかな」

謙作はきっぱりと言い切った。

「たとえ障がいがあったとしても、その子供はその子供として完全な姿で生まれてくる。ぼくはそう信じてるんだ。それにマコなら大丈夫。その子供にとって、きっとマコは世界一のお母さんになるよ。神様がぼくたちを親と見込んで預けてくださった子供なんだから。どんな子供でも、どんと来いだよ」

「ありがとう……」真沙子の目尻を涙がひとすじ伝った。「ケンちゃん、頼もしくなったね」

「3人目だから、ね」

真沙子は視線を移すと、謙作の眼を見つめていった。

「お願いがあるの」

「何?」

「手をにぎっていて」

真沙子の手を謙作はにぎりしめた。(つづく)

月の都(50)

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】1484年8月12日 教皇シクストゥス4世の召天日

  2. 4月15日は桃山学院大学の創立記念日

  3. 【連載小説】月の都(42)下田ひとみ

  4. 2020年12月10日「永遠の命とは、イエス・キリストを知ることです」

  5. 【聖書の不思議あれこれ!】第2回 「神」ってナニよ?その2 <とりあえずの解決編>パダワン青木

  6. 平清盛とイエス・キリストの意外な共通点?? 

  7. 風呂好きキリシタン大名の最期はクリスチャンのお手本

  8. ザビエルの上司は元軍人のマッチョ系? 〜イエズス会版「桃園の誓い」〜

  9. アメリカ、コロナ病棟に届くメリー・クリスマス(2) 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第9回

  10. 6月20日「キリストに仕える者」

  11. 【連載小説】月の都(35)下田ひとみ

  12. 【連載小説】月の都(14)下田ひとみ

  13. 【解説】灰の水曜日って何?四旬節(レント)の意味は? 

  14. 【東アジアのリアル】 台湾の「韓国教会」と〈はざま〉に生きた人たち 天江喜久

  15. 2020年11月13日「感謝の祈りを唱えて」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。