【連載小説】月の都(50)下田ひとみ

 

陣痛が始まったのは夕方を過ぎた頃であった。

すぐにも出産かと思われたのだが、本格的な陣痛が訪れるのに時間がかかり、分娩室に運ばれたのは深夜であった。病院の方針で、分娩には謙作も立ち合うことになっていた。謙作にとっては初めての体験であった。

入室して10分後。

「息を吸って。吐いて。吸って。吐いて」

看護師の言葉と一体化して、真沙子が大きく息を吸ったり吐いたりしている。汗ばんだ真沙子の手をにぎりしめている謙作は、自分も一緒にお産をしているような気持ちになっていた。

「もうすぐですよ」

谷野医師が告げる。

いよいよ山場がやってきた。

「がんばって!」

「その調子!」

「頭が見えてきましたよ!」

謙作の手をにぎりしめる力が、ひときわ強くなった。

「今だ!」

「いきんで!」

汗に濡れた5本の指が謙作の手に食い込む。

うーんといきんだ次の瞬間、大きな産声(うぶごえ)が上がった。

「生まれた、マコ!」

真沙子はホッとした表情で夫の手をにぎり返した。

「おめでとうございます」

看護師たちが口々に言った。

「ありがとうございます」

頭を下げた謙作の眼は真っ赤に潤んでいた。

タオルに包まれた赤ん坊が看護師に抱かれてきた。

谷野医師が満面の笑みで真沙子に告げた。

「元気な女の子さんですよ」(つづく)

月の都(51)

Share

Related Posts

None found

  1. 【クリスチャンな日々】第4回 クリスマスは「充実」なんてしなくていい MARO

  2. 【宗教リテラシー向上委員会】 すべての民の復活日へ 與賀田光嗣

  3. 【連載小説】月の都(18)下田ひとみ

  4. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第5回 これはジュースだ! 齋藤篤

  5. 神さまが共におられる神秘(73)稲川圭三

  6. 【東アジアのリアル】 コロナ禍の韓国教会における礼拝認識の変化 李 恵源 2020年11月1日 

  7. 【宗教リテラシー向上委員会】 お寺の掲示板がアツい! 池口龍法 2020年9月21日

  8. 【クリスチャンな日々】第7回 「大丈夫!」の間違った使い方 MARO

  9. 【連載小説】月の都(5)下田ひとみ

  10. 【夕暮れに、なお光あり】 できることとできないこと 島 しづ子

  11. 【クリスチャンな日々】第25回 接続詞をひっくり返すと珍味がでてくる MARO

  12. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(94)稲川圭三

  13. 牧会あれこれ(9)賀来周一

  14. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(106)稲川圭三

  15. 信仰を封印して、神に創られた人間の愛おしさを描く 下田ひとみ『落ち葉シティ2』

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。