【連載小説】月の都(53)下田ひとみ

 

年が明け、1月、2月、3月と月日は足早に過ぎていき、桜の季節を迎えた。

陶子の命日が近づいていた。

ある日の夕刻、ふみが郵便受けを開くと、1枚のハガキが届いていた。

陶子の1周忌を記念した、浅香台キリスト教会からの「偲ぶ会」の知らせであった。

ふみは志信に相談した。

「出席しようかどうか迷っているんです。知り合いもいないし。教会って何だか敷居が高くて……」

「せっかくのお誘いだから。陶子さんもきっと喜ばれるよ」

志信に勧められて、ふみは出席を決めた。

 

偲ぶ会の当日──。

空は雲ひとつなく晴れていた。

中庭の桜が満開だった。

ふみは箪笥(たんす)を開けると、着物を取り出した。それは陶子の舞台を初めて観た時に着ていた大島紬(つむぎ)であった。

 

教会には40人ほどの人が集まっていた。

長テーブルが向かい合わせに4列並べられ、部屋の一角にサンドイッチやお菓子や飲み物が用意されている。各々のテーブルには、淡いピンクのカーネーションが飾られていた。

ふみが教会に入っていくと、受付にいた女性が笑顔で立ち上がった。

「本田です。覚えていらっしゃいますか」

「本田さん?」

「春日ノ森の家庭集会でお会いした」

ようやくふみは思い出した。陶子に憧れ、会いたい一心で出かけていった雨の日が甦(よみがえ)ってきた。

「あの時の……」

「雨の中を遠くからご出席いただいて、その節はありがとうございました」

本田はそう挨拶(あいさつ)して頭を下げると、若い婦人たちに声をかけた。

「桐原さんが来てくださいましたよ」

すると、「まあ、ようこそ」「お久しぶりです」と、口々に声をかけられた。皆、あの時の集会で出会った人たちであった。

本田に案内されてテーブルに着くと、隣の席の婦人から「今日は良いお天気ですね」と話しかけられた。

「本当に良いお天気ですね」

しばらく話をしていると、向かいの席の婦人からも、「ピンクのカーネーション、綺麗ですね」と声をかけられた。

「本当に」

応じているうちに、ふみは自然に周囲と打ち解けていった。

 

やがて会が始まり、名倉牧師が挨拶した。

「皆さん、本日は藤崎陶子先生を偲ぶ会にご出席いただいて、ありがとうございます。当教会の伝道師をされていた藤崎先生が天に召されて1年が経ちました。先生にとってこの教会は、伝道師となって初めて遣わされた教会です。先生はこの教会を愛し、私たちを愛し、本当によく仕えてくださいました。

先生とともに過ごしたのは、わずか半年でしたが、ここに集っておられる方はどなたも、先生との思い出を持っておられると思います。そして同時に、先生のおられない寂しさを味わっておられる方々だと思います。

この会は、先生の思い出などを語り合いながら、しばしの間、先生のおられない寂しさを共有する者同士で先生を偲びたいと、そういう趣旨で開かれました。形式ばったものではありませんので、どうぞ皆さま、ご自由にお過ごしください」(つづく)

月の都(54)

Share

Related Posts

None found

  1. 7月22日はナッツの日

  2. 神さまが共におられる神秘(70)稲川圭三

  3. 【連載小説】月の都(42)下田ひとみ

  4. 10月24日は女子学院中学・高校の創立記念日

  5. 2020年11月27日「お前の王がおいでになる」

  6. 2020年12月12日「父がお与えになった杯は」

  7. 【宗教リテラシー向上委員会】 トランプ・カルトとキリスト教(2) 川島堅二

  8. 2020年12月1日「あなたがたも互いに洗い合わなければならない」

  9. 6月26日はホーリネス弾圧事件のあった日

  10. 11月8日は立冬

  11. 2020年10月25日「キリストと教会について述べている」

  12. 2月28日「どうして礼服を着ないでここに入って来たのか」

  13. 5月10日「なぜ、泣き騒ぐのか」

  14. 1月14日「御国が来ますように」

  15. 【連載小説】月の都(11)下田ひとみ

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。