新連載小説「月の都」──キリスト者の自死に射す一条の光 下田ひとみ
伝道師の自死があったことを、ある牧師から聞きました。そのとき、それでも細長い一条の光を感じました。「月の都」は、この時の感動を基に、自死をテーマにストーリーを創り、書き上げた作品です。作品中には30代から60代までの3組の夫婦が登場します。
【連載小説】月の都(1)下田ひとみ
「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。
【連載小説】月の都(2)下田ひとみ
「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。
【連載小説】月の都(3)下田ひとみ
「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。
【連載小説】月の都(4)下田ひとみ
「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。
【連載小説】月の都(5)下田ひとみ
「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。
【連載小説】月の都(6)下田ひとみ
「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。
【連載小説】月の都(7)下田ひとみ
「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。
【連載小説】月の都(8)下田ひとみ
「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。
【連載小説】月の都(9)下田ひとみ
「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。
Loading...

下田ひとみ、1955年、鳥取県生まれ。75年、京都池ノ坊短期大学国文科卒。単立・逗子キリスト教会会員。著書に『うりずんの風』(第4回小島信夫文学賞候補)『翼を持つ者』『トロアスの港』(作品社)、『落葉シティ』『キャロリングの夜のことなど』(由木菖名義、文芸社)など。

投稿日:

今週のテーマはいのちのみことば

わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。」

「もし、わたしが自分自身について証しをするなら、その証しは真実ではない。

わたしについて証しをなさる方は別におられる。そして、その方がわたしについてなさる証しは真実であることを、わたしは知っている。

あなたたちはヨハネのもとへ人を送ったが、彼は真理について証しをした。

わたしは、人間による証しは受けない。しかし、あなたたちが救われるために、これらのことを言っておく。

ヨハネは、燃えて輝くともし火であった。あなたたちは、しばらくの間その光のもとで喜び楽しもうとした。

しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。

また、わたしをお遣わしになった父が、わたしについて証しをしてくださる。あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない。

また、あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じないからである。

あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。

(ヨハネによる福音書 5:30-39)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.