クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】ロシアより愛をこめられず──ウクライナ正教会の独立(対訳)

 

ウクライナ正教会が生まれ変わった。

独立正教会の地位を付与するというトモス(宗教上の交付文書)を1月6日、コンスタンチノープル(現イスタンブール)総主教庁より受け取ったのだ。一方、(3世紀にわたってウクライナの正教会を管轄下に置いてきた)ロシア正教会(モスクワ総主教庁)は激しく反発している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
On January 6, it received the tomos of autocephaly—the documentation of its independence among Eastern church bodies—from one Orthodox heavyweight, the Patriarch of Constantinople, despite the vociferous opposition of another heavyweight, the Patriarch of Moscow.

バルトロメオス1世(左)とエピファニー総主教(写真:The Presidential Administration of Ukraine)

昨秋から始まって先週決着のついた、宗教改革以来のキリスト教における大分裂の重要性を理解するためには、今までの歴史を振り返る必要があるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
To understand the significance of the biggest Christian schism since the Protestant Reformation, unfolding since last fall and formalized this weekend as Eastern churches celebrated Christmas Eve, a brief history is in order.

988年、キエフ大公国のウラジミール1世がキリスト教を国教化したが、キエフ大公国は後にロシア、ベラルーシ、ウクライナといった国家になった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Founded in Kiev in 988 A.D., Vladimir the Great accepted Christianity on behalf of the Rus peoples, who would eventually constitute the nations of Russia, Belorussia, and Ukraine.

伝説では、異教徒だったウラジミール1世は、自分も宗教的な何かをしたいと願い、ユダヤ教やイスラム教、それに異なる典礼を持つキリスト教それぞれの代表者にさまざまな質問をしたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Tradition holds that the formerly pagan Vladimir wished to give a religion to his realm, and queried representatives of Judaism, Islam, and the different rites of Christianity.

東ローマ帝国での荘厳な奉神礼に感銘したウラジミール1世は、コンスタンチノープル(後の正教会)を選ぶ。1054年、東西教会の分裂があった際にも、キエフ大公国は東方正教会にとどまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Astounded by the majesty of the Byzantine mass, Vladimir chose Constantinople. In 1054, the Great Schism split Christianity—and the Rus remained in the Eastern Orthodox world.

しかし政治的な流れに変化があり、1686年、コンスタンチノープル総主教庁(正教会内では筆頭となっているが、各国の正教会は対等な立場にある)は、当時優勢だったロシア正教会(モスクワ総主教庁)の下にウクライナ正教会(キエフ総主教庁)を置いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Geopolitical winds shifted, however, and in 1686 the Patriarch of Constantinople—considered within Orthodox leadership to be the first among equals—placed the patriarchate of Kiev under the ascendant patriarchal church of Moscow.

近年になってまた政治的・宗教的な変化があり、1991年、ウクライナが独立国家になった。翌年には、ロシア正教会から離脱した総主教がキエフにウクライナ正教会を設立。ウクライナ国内のモスクワ総主教庁派とは断固として対立したが、どちらのグループもモスクワ総主教庁とコンスタンティノープル総主教庁の承認を受けていなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In the modern era, geopolitical and religious winds continued to blow. In 1991, Ukraine became an independent nation. The following year, a breakaway bishop (or metropolitan, in Orthodox parlance) established an independent Ukrainian Orthodox church based again in Kiev, joining a smaller Orthodox schism from 1990 in staunch opposition to the canonical Moscow-affiliated church. Neither group was recognized by the patriarchs of Moscow or Constantinople.

2014年、ロシアはウクライナ南部のクリミア半島を併合し、親ロシア派の分裂支持者(ロシアの支援を受けた)が東の国境近くのウクライナ領地を二つ占領した。この対立によって1万人を超すウクライナ人の死者が出、250万人が強制退去となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In 2014, Russia annexed the Ukrainian territory of Crimea, and pro-Russian separatists (with reported Russian backing) occupied two Ukrainian territories on the eastern border. The conflict has resulted in more than 10,000 Ukrainian deaths, with 2.5 million people displaced.

2018年4月、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領がコンスタンチノープル総主教庁へ飛び、エキュメニカル総主教のバルトロメオス1世に独立正教会のトモス授与を願った。モスクワ総主教のキリル1世もそのすぐ後に続き、「教会のことに政治的な影響があってはならない」と反対した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And in April 2018, the president of Ukraine flew to Constantinople (now Turkey’s Istanbul), to ask Patriarch Bartholomew for a tomos of autocephaly.
Patriarch Kirill of Moscow immediately followed, protesting the political interference in church affairs.

「トモス」とは文書を意味し、「独立正教会」とは、東方正教会内で認められた独立の地位を持つこと。現在、独立正教会は、ロシア、ギリシア、ポーランドなど、14ある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Tomos means document, and autocephaly is the status of an independent canonical church in the Eastern Orthodox tradition. There are currently 14, including Russia, Greece, Poland, and Jerusalem.

「独立正教会になることは、ヨーロッパとウクライナ政府を支持するという戦略の一つだ。独立と国家の安全保障に関わる」とプロシェンコ大統領。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Autocephaly is part of our pro-European and pro-Ukrainian state strategy,” said Ukrainian President Petro Poroshenko, who also described it as “a matter of our independence and our national security.”

モスクワ総主教キリル1世も政治と密接に関わっており、ロシアのウラジミール・プーチン大統領を「神の奇跡」と呼ぶ。プーチン大統領は、キエフ大公国のウラジミール1世の銅像をクレムリンに立て、ロシアはその子孫だと示した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Patriarch Kirill is also closely connected to politics, calling Russian President Vladimir Putin “a miracle of God.” In 2016, Putin erected a statue of Vladimir the Great, the historic prince of Kiev, at the Kremlin, indicating Russia as his true heir.

コンスタンチノープル総主教庁のエキュメニカル総主教バルトロメオス1世は、ウクライナ側に立った決定をし、昨年10月11日、(ウクライナ正教会をロシア正教会のもとに置くという)1686年の文書について、「状況が変化した」と言った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bartholomew ruled on the side of Ukraine. On October 11, he formally revoked the 1686 document, saying that circumstances had changed.

世界最大の正教会であるロシア正教会は10月15日、歴史的な母体であるコンスタンチノープル総主教庁と袂(たもと)を分かつ。ロシア正教会は、ざっと見積もっても3億いる正教会の信者の半数を占めるが、コンスタンチノープル総主教庁には3000人しかいない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
On October 15, Moscow cut ties with Constantinople, severing the world’s largest Orthodox church from its historic home. Russia accounts for roughly half of Orthodoxy’s 300 million believers; Constantinople, only 3,000.

エキュメニカル総主教のバルトロメオス1世は、ウクライナにある三つの正教会に解散を命じた。モスクワ総主教庁派と、二つの分裂したウクライナ母体の正教会だ。12月15日、新たな教会を組織するための合同シノド(主教会議)で、自分たちの総主教を選出するために集まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bartholomew asked the three Orthodox entities in Ukraine—the Moscow-affiliated patriarchate and the two schismatic Ukrainian bodies—to dissolve. On December 15, they would gather for a unity synod to create one new church, electing their own autocephalous patriarch.

90人いるモスクワ総主教庁派の主教のうち、会議をボイコットしなかったのは二人だけだった。新たに選ばれたウクライナ正教会のトップ、エピファニー総主教は、「ウクライナ正教会の統一が完成し、戦争が終わり、ウクライナに平和が訪れるように」と祈りをささげた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
All but 2 of the 90 Moscow bishops boycotted, and the new Ukrainian patriarch, Epiphanius, prayed to “complete the unification of Ukrainian Orthodoxy, for an end to the war, and for a just peace in Ukraine.”

エキュメニカル総主教のバルトロメオス1世はエピファニー総主教をコンスタンチノープル総主教庁に招き、独立正教会のトモスを1月6日に授与した。ロシア正教会とは分裂したが、一つの教会を統一に導いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bartholomew then invited him to Constantinople to receive the tomos of autocephaly on January 6—uniting one church while dividing another.

「解放、独立、自治という聖なる贈り物をウクライナ人は享受できるようになった。外部のいかなる依存や介入からも自由になったのだ」とバルトロメオス1世。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“[Ukrainians can now enjoy] the sacred gift of emancipation, independence, and self-governance,” Bartholomew said, “becoming free from every external reliance and intervention.”

現在までのところ、他の独立正教会はウクライナ正教会の独立について認めていないが、ロシア正教会に続いてコンスタンチノープル総主教庁から分離するわけでもない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
To date, the other autocephalous churches have neither recognized the new status of Ukraine nor followed Russia in schism from Constantinople.

ロシア正教会のキリル1世はバルトロメオス1世に公開書簡を送り、ひっ迫した状況について警告した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But Kirill sent Bartholomew an open letter, translated by a bishop of the Russian Orthodox Church Outside Russia (ROCOR), warning of dire consequences.

「あなたは、神の聖なる教会の統一のために奉仕する可能性と、正教会内の筆頭の座を永遠に失うだろう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“You forever will lose the possibility of serving the unity of God’s holy churches, [and] will cease to be first in the Orthodox world,” wrote the Moscow patriarch.

「ウクライナ正教会に及ぼした苦しみは、あなたの最後の審判の時にまで影響する」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The sufferings you cause to the Orthodox Ukrainians will follow you to the Last Judgment of our Lord.”

その苦しみの範囲ははっきりとはしていない。

ウクライナの修道院長で神学者のシリル・ホブラム氏は、ウクライナ正教会に関係する外部施設と、モスクワ総主教庁の教育部門で働いた経験がある。氏の調査によると、ウクライナ人の75~80%が正教会信徒であり、56%がキエフ総主教庁派、16%がモスクワ総主教庁派、19%が「単に正教会の会員」と回答したという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Polls cited by Cyril Hovorun, a theologian and head of a Ukrainian monastery who has previously served with both the Ukrainian Orthodox Church’s external relations department and the Moscow Patriarchate’s education ministry, indicate 75-80 percent of Ukrainians are Orthodox; 56 percent of these identify with the formerly schismatic patriarchate in Kiev, while 16 percent identify with Moscow; 19 percent say they are simply Orthodox.

それでもモスクワ総主教庁には1万2000の教区があり、ウクライナの二つの正教会にはそれぞれ5000教区と1000教区がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yet Moscow governs 12,000 parishes, while the two Ukrainian churches have 5,000 and 1,000, respectively.

福音派はウクライナの人口の2・2%しかいないが、7・7%が「ただのクリスチャン」と回答しており、それはプロテスタントの影響の表れだととる人もいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Evangelicals comprise only 2.2 percent of Ukraine’s population, though an additional 7.7 percent say they are “simply Christian,” taken by some as a marker of Protestant influence.

25年以上前にロシアから米国に移住したアンドレイ・シリン氏は現在、ジョン・リーランド神学センターで准教授を務めているが、「伝統的に福音派の人は、ロシア人でもウクライナ人でも、正教会間の対立に関してどちらの肩も持たない」と語る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Andrey Shirin, who moved to the United States from Russia more than 25 years ago and currently works as an associate professor of divinity at the John Leland Center for Theological Studies, said that traditionally, neither Russian nor Ukrainian evangelicals take sides in inter-Orthodox conflicts.

ロシア福音同盟の代表を務めるビタリー・ブラセンコ氏も同様の意見だが、それでも「ウクライナ正教会には同情する」という。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This is true for Vitaly Vlasenko, ambassador-at-large for the Russian Evangelical Alliance, who nonetheless has sympathies for the Ukrainian Orthodox.

「これは彼らの教会だし、責任も彼らにある。私たちにできることは、この難しい局面において、ただ祈り続けることだけだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is their church and their responsibility,” he said. “The best thing for us at this difficult moment is just to stay in prayer.”

しかし、福音派の隣人は独立正教会の味方についている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But their evangelical neighbors are on board with autocephaly.

「我々はウクライナ人であり、敵の首都に中枢がある教会ではなく、普通の教会がほしいのだ」とウクライナの東ヨーロッパ改革派指導者のジャロスロー・ルカシク氏。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We are Ukrainians, and we want a normal church, not one based in the enemy’s capital,” said Jaroslaw Lukasik, director of Eastern Europe Reformation–Ukraine.

「福音派の指導者は、愛国心からこの動きに賛同しているのだろう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Evangelical leaders support this action because of their patriotic feelings.”

しかし、在外ロシア正教会の主席主教で、ニューヨーク州北部にあるホーリー・トリニティー正教会神学校の学部長、アレクサンダー・ウェブスター氏はあきれて、次のように述べる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But Alexander Webster, a senior ROCOR archpriest and dean of Holy Trinity Orthodox Seminary in upstate New York, is horrified.

「ウクライナは、キエフ大公国を起源とする人々にとって先祖の故郷。この必要性のない危機は、コンスタンチノープル総主教庁の住居侵入のようなものだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Ukraine is the ancestral home of all the Rus peoples. This unnecessary crisis is tantamount to a ‘home invasion’ by the Ecumenical Patriarch of Constantinople,” he said.

「ロシア正教会はキエフ、キエフがロシア正教会。これは1000年以上続いてきたことだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The Russian Orthodox Church is Kiev, and Kiev is the Russian Orthodox Church—it is the same in continuity for more than a millennium.”

1686年に結ばれた、ウクライナを分割する国際条約(永遠平和条約)には、モスクワ総主教庁の管轄に関して「今後永久に」と書かれてあるとウェブスター氏は説明する。さらに教会の古い聖典には、地域教会での破門や聖職者の地位の剥奪を撤回することはもちろん、一人の主教が他の宣教区のことに干渉することが禁じられているという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Webster explained that the 1686 document used the words “henceforth and forevermore,” in reference to Moscow’s jurisdiction. And ancient canons of the church forbid one patriarch from interfering in the territory of another, let alone reversing local excommunications or laicization of clergy.

「その罰こそが破門。つまり、キリル1世がバルトロメオス1世と別れる決断は至極当然だ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The penalty, he said, is excommunication itself. This is what warrants Patriarch Kirill’s decision to break ties with Bartholomew.

「バルトロメオス1世はバーチャルな教皇を演じている。神の摂理が正しい解決に向かわせてくださることを期待しなくてはならない」とウェブスター氏。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Patriarch Bartholomew is acting as a virtual pope,” Webster said. “We have to hope that God’s providence will steer us to the right solution.”

しかし、ここまでのところ宗教への政治的介入が続いている。「特に米国務省とウクライナ駐在大使、信仰の自由のための大使がウクライナ正教会を承認したのだ」と米陸軍の退役チャプレンであるウェブスター氏はたしなめる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But so far it has been politics interfering with religion, and Webster, a retired US army chaplain, chides the US government in particular: the State Department, its ambassador to Ukraine, and its ambassador for religious freedom have all endorsed Ukrainian autocephaly—even citing the Orthodox theological term.

モスクワ総主教庁派の教会がロシア正教会と分かるよう名称変更する議案がウクライナの議会で可決した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In subsequent developments, Ukraine’s parliament passed a law requiring the local Moscow church to rename itself to identify as Russian.

この法律は現在、ウクライナの憲法裁判所に上告されている。この法律によって、ウクライナ国内のロシア正教徒の地位が保全され、信仰の自由も与えられるといわれるが、独立したウクライナ正教会に加わるようにと主教に圧力がかかっているという報告もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This law is currently appealed to Ukraine’s Constitutional Court, though the Russian Orthodox Church in Ukraine would retain its civil status and remain free in worship. But some reports cite security pressure on its priests to support or transfer into the newly independent Ukrainian body.

すでに暴力沙汰も起きており、ある教会では主任司祭が主教と対立して、新たな独立教会に加入することを求めた際、乱闘騒ぎになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Already there has been violence, as one church erupted into a brawl when the parish priest opposed his bishop and sought to affiliate with the new entity.

地域的な関わりもあり、宗教的な内戦が勃発することを恐れる人もいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Some fear outbreak of a religious civil war, with regional implications.

「違法な活動も起こるに違いない。ロシアは正教会の利益を守る」とロシア政府の担当者は警告する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Should illegal activities occur,” warned a Russian government spokesperson, “Russia will defend the interests of the Orthodox.”

ウクライナ・バプテスト連盟の副理事長イゴール・バンドゥラ氏は、「両方の側の政治的干渉について、二つの感情がある」という。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Igor Bandura, senior vice president of the Baptist Union of Ukraine, said he has “double feelings” about the political interference on both sides.

「普通の状況であれば、宗教生活に政府が干渉することには反対だ。しかし、ロシアが政治的目的を果たすためにロシア正教を用いた侵略に関しては、ウクライナ政府は国を守るために立ち入らざるを得なかったのだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“In normal situations, we would be against government interference in religious life,” he said. “But in light of Russian aggression, using the Russian Orthodox Church for their political goals, the [Ukrainian] government must take steps to protect the nation.”

「ウクライナの福音派は前例のない自由を享受している。しかし、ロシア国境の占領下にある土地では、福音派は自分たちの教会が再登記されないでいる」とバンドゥラ氏は言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Evangelicals in Ukraine enjoy an “unprecedented” level of freedom, Bandura stated. But in the occupied territories bordering Russia, evangelicals have not been allowed to re-register their churches.

「それによって、寒い冬の集会の間、暖を取るためのガスと電気が止められていて、これでは迫害だ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This prevents the gas and electricity needed to heat meetings during the cold winter, contributing to a situation he describes as persecution.

過去20年にわたってウクライナの福音派は、3つの正教会の指導者や全ウクライナ教会および宗教団体協議会に属する他の指導者と共に支え合う関係にあった。独立正教会になって新たに形成されるウクライナ正教会は、ロシア正教会のようにふるまわず、少数者の信仰の自由が取り戻せるよう協力することになっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Over the past two decades, evangelicals joined the three Orthodox church leaders and other religious leaders in the All Ukraine Council of Churches and Religious Organizations, buttressing relations. They received assurances that in the case of autocephaly, the newly formed Ukrainian church would not act as the Orthodox in Russia and support the rollback of minority freedom.

しかしバンドゥラ氏は、「この自由はおそらく正教会の分裂に関連していて、世俗的な政策は政府によって制定されているのでは」と懸念する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But Bandura expressed concern that perhaps this freedom was related to divisions in the Orthodox church, and the secular policy enacted by the government.

「ある正教会の指導者は、『新しい教会はこの国の霊的な土台になるだろう』と発言している」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Some Orthodox leaders now speak of a new state church that will be the spiritual foundation of the nation,” he said.

「しかし、私たちはそれを望んではいない。みんなで一緒に霊的な土台になれるはずだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We don’t like this. All together, we can be a spiritual foundation.”

霊的な土台を形成する務めは正教会の指導者の肩にかかっており、シリン氏によると、その人はとても難しい立場に立たされているという。国への忠誠心、政治的な野心、地域の文化や霊的責任にがんじがらめになっているのだと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Currently the task of forming it falls on Orthodox leaders, who Shirin says are in a very difficult position. They are entwined in national loyalties, geopolitical ambitions, local cultures, and spiritual responsibilities.

「ウクライナ人には、どの側についているかにかかわらず、東方正教会との統一と平和を取り戻すために熱心に動いてほしい」とシリン氏。「情熱は燃え上がるが、分裂は決して良いものではないのだから」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I hope Ukrainians will work diligently to restore peace and unity in the Eastern Orthodox family, no matter what side they end up with,” Shirin said.
“Passions run high, but schism is never good.”

執筆:ジェイソン・キャスパー

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/january/ukrainian-russian-orthodox-church-schism-autocephaly.html

Print Friendly, PDF & Email
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー

フェローワーカー限定キャンペーン
エントリー
必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録して申し込む

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.