日本基督教団、牧会者とその家族のための相談電話、メール相談を呼びかけ

 

日本最大のプロテスタント教団である日本基督教団は18日、「牧会者とその家族のための相談室からのご連絡」という文書を発表した。「牧会者とその家族のための相談電話」(電話03-6228-0016)を毎週月曜日の午前10時から午後4時まで(午前12時~1時は休憩)やっており、その活用を勧めている。

また、「牧会者とその家族のためのメール相談」として、暫定期間として8月末までメールでの相談も受け付けている(相談用メールアドレス:past.uccj@gmail.com)。

(日本基督教団のホームページから)

新型コロナ・ウイルスの感染拡大の影響で礼拝の休止などを余儀なくされたことにより、牧師やその家族が、伝道や牧会、教会運営などの葛藤や不安を抱えているといわれている。そうしたストレスが心身に影響を与える場合もあるため、医者に相談したり、臨床心理士などの心理的ケアを利用したりすることを助言。そして、牧師同士や教会役員などと自分の感情や苦しさを分かち合い、共感し合うことも大切だと、この文書では述べている。

そうした助けの一つとして、心が傷つき、一人で悩み、どうしたらよいかと考え込む時など、「電話で話すだけでも心の整理が付く場合があります」、「是非(ぜひ)、メールしてください」と呼びかけた。

特に相談メールについては次のように詳細を説明している。

・このメールは「牧会者とその家族のための相談室」が責任を持って、個人情報の守秘義務遵守(じゅんしゅ)を徹底します。

・メール相談は24時間、いつでも受け付けています。

・相談内容によっては、精神科医や心理士・カウンセラーのアドヴァイスを入れて対応致します。

・受理したメールは1週間以内に、ご回答致しますが、相談内容、相談件数等によっては、時間を要する場合もありますので、ご了承ください。

・添付ファイル、並びに絵文字・デコメール等や機種依存文字は、受信できませんので、送らないようにお願いします。

・メール本文が1000文字を超える場合、受信できないことがありますので、ご注意ください。

・このメール相談で提供された情報をもとに、皆様がとられた行動やその結果に関しては、責任を負わないものとします。

・厚生労働省が、新型コロナ・ウイルス感染症に関する一般的な相談を行っていますので、ご活用下さい。

https://kokoro.mhlw.go.jp/etc/coronavlrus.info

Share

Related Posts

None found

  1. 日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 関東北東教区の集会で集団感染 2020年7月26日

  2. コロナ禍で来秋に延期 第59回聖書和訳頌徳碑記念式典

  3. 飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(3)

  4. なぜ聖書は性について語るのか

  5. 第2回「教会どうでしょう」 コロナの影響は教会の規模でどう違う?

  6. 文化庁が発表した最新のクリスチャン・教会数は? 教派別・県別ランキング

  7. ハーベスト・タイム・ミニストリーズ インターネット・ミニストリーから見えてくる可能性(前編)

  8. フランシスコ教皇の「祈りのまなざし」 片柳弘史

  9. 【訃報】 東海林勤さん(高麗博物館初代理事長、日本基督教団牧師) 2020年8月25日

  10. 【クリスマス・メッセージ】一粒の麦 藤藪庸一

  11. カトリック福岡司教区、「緊急事態宣言」解除まで公開ミサは休止

  12. 主流派教会は激減、福音派は成長── 神学的・道徳的危機が教会の閉鎖を招く

  13. 飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(9)最終回

  14. 「分断された教会は、社会に語るべきメッセージを持っていない」 東京都板橋区の教会が合同で防災セミナー

  15. シグニス・ジャパンのインターネット・セミナー「SNSと福音宣教──主が霊を授けて主の民みんなが預言者になったらいいのに」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。