教会

【速報】日本基督教団総会議長に石橋秀雄氏が再選 副議長に久世そらち氏

投稿日:2018年10月24日 更新日:

Print Friendly, PDF & Email

 

日本基督教団の第41回教団総会が23日〜25日、ホテル・メトロポリタン(東京・池袋)で行われ、現職の石橋秀雄(いしばし・ひでお)氏が再選された。石橋氏は、山北宣久(やまきた・のぶひさ)氏の後を受けて2010年の第37回教団総会で総会議長に選ばれて以来、5期目。

日本基督教団総会議長 石橋秀雄

議長選は1日目夜に行われたが、有効投票数の過半数を満たさなかったため、2日目の今日、再投票が行われ、結果が発表された。投票総数371票、有効投票数369票、無効投票数2票(うち白票1票)。石橋氏の得票数は188票。2位は、現副議長の佐々木美知夫氏(静岡教会、2期目)で、得票数は150票。3位は久世そらち氏(札幌北部教会)28票、4位は同票で網中彰子氏(前日本キリスト教協議会総幹事)1票、雲然(くもしかり)俊美氏(秋田桜教会)1票、横山良樹氏(半田教会)1票。ちなみに、1回目の投票では佐々木氏が139票、久世氏が135票、石橋氏は85票だった。

石橋氏は1944年、旧満州新京特別市生まれ。70年、東京神学大学大学院修士課程修了後、81年まで鴻巣教会牧師、同附属英和幼稚園園長。その後、現在まで越谷教会牧師、同附属越谷幼稚園園長。95~99年、関東教区総会副議長。99年~2003年、関東教区総会議長、01年~02年、伝道委員長、02年~10年、常議員。

著書として、『このことを離れては』のほか、腹話術をするときの「春風シロー」名義で『主にあって笑う──シロー千夜一夜』(ロゴス腹話術研究会、1993年)がある。

副議長選挙は再々投票の末、岸俊彦氏(経堂北教会)との決選投票で久世氏に決まった。久世氏の得票数は187票、岸氏は175票。投票総数381票、有効投票総数362票、無効投票数19票、うち白票18票。

久世氏は札幌北部教会牧師で北海教区議長。1962年、北海道生まれ。名前は北海道の地名「空知」に由来する。東京大学文学部卒、東京神学大学大学院修了。著書に『教会生活案内4 世に生きる教会』(日本キリスト教団出版局、2002年)、紙芝居『ペンテコステの日に』(キリスト教視聴覚センター、06年)がある。

久世そらち氏=24日、日本基督教団総会で

日本基督教団の教憲に、教団総会について次のように書かれている。

「教団は会議制によりその政治を行い、教団総会をもってその最高の政治機関とする」(教憲第4条・第5条)

「教団総会は、400名の議員によって組織される」(教規第1条)

「定期総会は、2年毎に1回、10月中に開く」(教規第16条)

「教団総会議長は、教団の教会的機能および教務を総括する」(教憲第5条、教規第39条・第60条・第168条等)とともに、「宗教法人日本基督教団代表役員の職務を行う」(教規第13条・第16条・第33条等)。

「副議長は、議長を補佐し、議長に事故ある時は、その職務を代理する」(教規第14条・第33条)

「書記は、議長のもとで会議の事務および議事の記録にあたる」(教規第15条・第33条)

「教団総会において処理すべき事項は、別に定めることのほかは教規第18条による」

関連記事

None found

-教会
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.