クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】合同メソジスト教会 同性婚などを認めず、伝統的な結婚を守ることを決定(対訳)

 

同性間の結婚、また同性愛のパートナーを持つ牧会者というテーマをめぐっては、何年ものあいだ緊迫状況が続いていた。合同メソジスト教会(UMC)は数日間にわたる激しい論争と審議、そして祈りを経て、伝統的なスタンスを保持することを決議した。背景には、教勢が伸びている保守的なアフリカの代表団の存在がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
After days of passionate debate, deliberation, and prayer—and years of tension—the United Methodist Church (UMC) voted Tuesday to maintain its traditional stance against same-sex marriage and non-celibate gay clergy, bolstered by a growing conservative contingent from Africa.

「人のセクシュアリティー」に関するUMC特別総会が今週(2月23日~26日)、米ミズーリ州セントルイスで行われ、最終日に投票された「トラディショナル・プラン」(伝統的な案)が賛成438票、反対384票(53%と47%)で可決された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The denomination’s “Traditional Plan” passed, with 438 votes in favor and 384 against (53% to 47%), in the final hours of a special UMC conference held this week in St. Louis to address the issue of human sexuality.

「トラディショナル・プラン」への投票結果を発表するシンシア・フィエロ・ハーヴェイ監督=2月26日(写真:United Methodist News Service / Paul Jeffrey)

この結果には相当数の反対の声が上がり、米国最大の主流派の教団である合同メソジスト教会から、進歩的な牧師や教会の多くが脱退することが決定的となった。最終投票の後、抗議する人々の「ダメだ」「傷つけるのをやめろ」というコールが1時間以上、総会が終わるまで続いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The decision leaves a sizable, vocal opposition, ensuring the exit of many progressive pastors and churches from the largest mainline Protestant body in America. After the final vote, protesters began chanting “no” and “stop the harm” through the rest of the session until the conference ended over an hour later.

「トラディショナル・プラン」は、今までUMCにあった取り決めを継承しているだけでなく、同性婚を行ったり、同性愛の牧会者を任命したりするなど、それを破った場合の罰則も加えられている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Traditional Plan preserves existing UMC positions and adds further accountability measures for those who violate them by performing same-sex ceremonies or ordaining gay clergy.

これは、UMCのほとんどの監督(bishop)を含む、米国の人々が祈ってきた結果ではなかった。近年の他の主流派同様、米国では多くのメソジスト信者が、教会でもLGBTの結婚式や牧会を可能にするよう求めていた。主流のUMCにおける統計では、少なくとも3分の2の米国代議員が、より性差のない「ワンチャーチ・プラン」(一致した教会の案)を支持している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It was not the outcome many Americans, including most UMC bishops, had been praying for. In the States, a large portion of Methodists wanted to see the church accommodate LGBT ceremonies and clergy, as other mainline denominations have done in recent years. One poll through Mainstream UMC reported at least two-thirds of US delegates supported the more-inclusive “One Church Plan” instead.

しかし、1200万の会員数を数える教団の中で近年、存在感を増している他国の勢いが目立つ結果となった。総会には864人の代議員が参加したが、伝統的なセクシャリティ-理解を支持する票の41%は、米国の代議員以外の票によって占められている。うち30%はアフリカの代議員だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But the growing global presence among the 12 million-member denomination held more sway. Methodists from outside the US, who favor more traditional positions on sexuality, made up 41 percent of the general conference’s 864 delegates. A full 30 percent were from Africa.

世界138カ国のウェスレアン80教団によって構成される世界メソジスト・エヴァンジェリズム(WME)代表のキンバリー・ライスマン氏は語る。「この総会でのやりとりは、UMCの重心が劇的に変化していることを明確に示した。今の私たちは、ただ単に海外へ宣教師を派遣している米国の主流派ではなく、より世界的で福音的な教派になったように思える」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“This session of the [general conference] has made it clear that there has been a dramatic shift in the center of gravity in the UMC,” said Kimberly Reisman, executive director for World Methodist Evangelism, which connects 80 Wesleyan denominations in 138 countries. “It appears that we are now a much more thoroughly global, evangelical church, rather than simply a mainline, American denomination with missionaries outposts outside the US.”

モザンビークからの代議員オラチオ・ヴィランクロ氏は「トラディショナル・プラン」について、「教会が神の道から外れないための案であり、神がこの世界で教会に求めることだ」と語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Horatio Vilanculo, a delegate from Mozambique, said that the Traditional Plan “keeps the church in the way of God” and “is what God wants in the church in this world.”

「トラディショナル・プラン」は最終的に可決されたものの、午後6時半の締め切りまでに投票を完了させるべく、いくつかの修正案が急ピッチで通された。詳細の中には、後日、法的側面を鑑(かんが)みて教団内で再審される可能性があるものもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Though the Traditional Plan was ultimately approved, some amendments were rushed through the process to be able to vote before the conference’s 6:30 p.m. deadline. Certain details may be later overturned upon judicial review within the denomination.

もう一つ問題となったのは、票をめぐる収賄疑惑だ。代議員たちは今日(2月26日)の午後、調査のために動いた。倫理委員会は投票までに最終的なレポートを提出することはできなかったが、調査結果は最終報告書に記載される予定だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Another holdup came over rumors of vote-buying; the delegation moved this afternoon to investigate the claims. The ethics committee was not able to return a full report prior to the vote, but are expected to share their findings in the final publication.

「伝統主義者たちはちゃんと政治的に票をまとめていたんだよ」と語るのはウィリアム・ウィリモン氏。以前に北アラバマ州年次総会の監督を務め、今はデューク大学神学部の教授だ。「進歩主義者たちが『一致だ』『共同体だ』『傾聴だ』『愛だ』と語っている間に、保守派の人々は地道に一つ一つ票を集めていったのさ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The traditionalists did a bang-up job of political organizing and counting the votes,” said Will Willimon, former bishop of the North Alabama Annual Conference and a Duke Divinity School professor, in a Religion News Service interview. “The progressives were all busy talking about unity and community and listening and loving. The conservatives were on the floor getting the votes.”

米国のメソジストは、説教者より信徒のほうが保守的な傾向がある。教派内アンケートでは、44%が自らを保守派・伝統主義者だと答えたが、自らを進歩主義者と答えたのは20%だった。また、教会で同性婚の挙式が禁止されていることに対しては、意見が真っ二つに割れている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In the US, Methodists in the pews tend to be more conservative than those in the pulpits, with members being twice as likely to identify as “conservative-traditional” (44%) than “liberal-progressive” (20%) and evenly split on the church’s ban on same-sex ceremonies, according to a denominational poll.

ピュー研究所の調べによると、米国の合同メソジスト教会は、プロテスタントの主流派の中でも、社会においては保守的な教会の主張を反映する傾向があるとされる。メソジストでも考え方に変化は起こっているものの、他の主流派と比べると、その率は低い。「同性愛は受容されるべき」と答えたのは、メソジスト60%に対して、他の主流派は66%、また「同性婚が法的に認められることを支持する」と答えたのはメソジスト49%に対して、他の主流教派は57%だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“United Methodists in the US tend to reflect the church’s position at the more socially conservative end of mainline Protestantism,” according to Pew Research Center. Though Methodist views have shifted, Pew reported that they are still less likely than mainline Protestants overall to say homosexuality should be accepted (60% of Methodists vs. 66% of mainline) or support the legalization of same-sex marriage (49% vs. 57%).

LGBTをこれまでより受容するプランが制定されることを求めていた多くの指導者は、「教団の姿勢が変わらなければ脱退する」と誓っている。UMCの監督たちに支持されていた「ワンチャーチ・プラン」では、それぞれの牧師や教会、地域団体が、同性愛の結婚や教職人事について、自らの良心に従って決断することを認められていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Many leaders who favored options that would sanction greater LGBT inclusion pledged to leave if the denomination did not change its stance. The One Church Plan, backed by the UMC’s bishops, would have allowed individual pastors, churches, and regional bodies to follow their own conscience on the issues of homosexual marriage and ordination.

ラブ・ユア・ネイバー(隣人を愛する)連合の共同議長であるフランク・ウルフ氏とシンディー・ケント氏はこう語る。「中には、『攻撃された』『求められていない』『排除された』と感じて立ち去る人もいるだろう。より安全かつ受容的で、言い争いの少ない宣教活動ができる環境を求める教会も出ていくかもしれない」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Some people will leave because of feeling attacked, unwanted, and excluded. Some churches will leave seeking safer, more accepting, and less conflictual settings in which to do their ministry,” said Frank Wulf and Cyndi Kent, co-conveners of the Love Your Neighbor Coalition.

また、教派の一部として残ることが難しいと感じた場合の対応サポートとして、(しばしば「グレーシャス・エクジット(きれいな別れ)」計画ともいわれる)脱退の申請についてもUMCは議決している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The UMC also voted to pass a disaffiliation petition, often called a “gracious exit” plan, to help the transition for those who felt they could not remain part of the denomination.

これまで教会の不動産権利は地域連合に属してきたが、新しい規則では、現在の会員の3分の2以上の賛成票が得られた教会は、年金の支払いやその他の経理上の未払い処理などを済ませれば、不動産権利を持って教団から脱退することができる。中には、「このような処遇をすることで、より多くの教会の脱退が促されるのではないか」と懸念している者もいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Though all UMC church property is deeded to the regional body, under the new legislation, churches with a two-thirds vote among professing members would be allowed to leave with their property after paying any pension liabilities and outstanding financial obligations. Some are concerned that these accommodations will facilitate a larger number of churches leaving.

「トラディショナル・プラン」によって出ていく教会の数は、「ワンチャーチ・プラン」が採択された場合に脱退する教会数と比べると、最終的には少なくなるだろうと、ヒューストン近郊にあるウッドランズ合同メソジスト教会の牧師ロブ・レンフロ氏は考えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Rob Renfroe, a pastor at The Woodlands UMC in the Houston area, said he believes the exodus of churches under the Traditional Plan will ultimately be smaller than those that would have left under the One Church Plan.

各教会がこれまで何年にもわたり地域連合との意見の相違に悩まされてきた経緯を紹介しながら、ロブ氏はこう語る。「ただし中には、今回の出来事であまりにも感情的になり、『もう投げ出したい』と思っている人もいるでしょう。神さまが私たちにどういう行動を求めているのか祈りつつ、どの教会も聖なる会議期間を過ごす必要があります」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“But again, some are so frustrated by what has happened that they just want to be done,” he said, citing cases where individual churches and leaders may have felt in conflict with their regional bodies after years of disagreement. “Every congregation will have to think and pray and go through a period of holy conference to discern what God is calling them to do.”

UMCの現状のスタンスを支持する福音派リーダーのグループは、もし「ワンチャーチ・プラン」が採択されれば、新しい教派を作る態勢を整えていた。ウェスレー・カベナント連合代表のキース・ボイェット氏は語る。「福音派の中には、教会内の危険分子に対する苛立(いらだ)ちから、今後、脱退を決める教会があるかもしれない。しかしそれは、グループとして共同で起こされるものではないだろう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A faction of evangelical leaders backing the UMC’s current stances were poised to create a new denomination had the One Church Plan passed. “Some evangelical churches are frustrated with the dysfunction in the church and may still elect to leave, but we don’t anticipate that this will be in any coordinated fashion,” said Keith Boyette, president of the Wesleyan Covenant Association.

昨日(2月25日)、まず補足事項付きで「トラディショナル・プラン」を進めることが、賛成451票、反対375票で可決され、立法委員会から強力なサポートを得るかたちとなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Traditional Plan received strong support in the legislative committee yesterday, when it was initially approved to move forward with its amendments by a vote of 451 to 375.

一方、教団の一致を保ちつつ、セクシュアリティー理解の姿勢を拡げるプランとして多くの人に期待されていた「ワンチャーチ・プラン」は、賛成386票、反対436票で、最終投票に持ち込むのに必要なだけの票数を代議員から得られなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
However, the One Church Plan, which many had hoped would keep the denomination united while allowing for expanding its positions on sexuality, did not win enough votes from the delegation to be considered in a final vote, with only 386 votes for to 436 against.

同様に、クイア・クラージ―・コーカス(性的マイノリティーの牧会者を支持する会)が提出した「シンプル・プラン」も否決されたが、同性愛者の代議員から情熱的な証しも議論の中で語られた。メソジスト・カレッジの学生でもあるジェフリー・ウォレン氏だ。「『あなたたちがこれまで聞いたこともないメッセージがある』と言って、私たちは人々をイエスのもとに連れて行きました。『神はあなたたちを愛していない』と彼らの教会が言ったので、彼らは神さまに愛されているとは知らなかったからです」。このスピーチを聞いて、3000人の陪席者の中にいたサポーターからは大きな歓声が上がった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Similarly, the Queer Clergy Caucus’s “Simple Plan” was also defeated, though the discussion brought passionate testimony from gay delegates at the conference. “We have brought people to Jesus saying they had not heard this message before,” said Jeffrey Warren, a Methodist college student. “They didn’t know God could love them because their churches said God didn’t.” His speech was drowned out with applause from supporters among a crowd of 3,000 observers at the event.

4日間にわたった法制会議の後、多くの米メソジストの有力指導者たちは失望に肩を落として会場をあとにした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Many prominent US Methodist leaders walk out with a heavy heart disappointed with what transpired over the four-day legislative meeting.

ウィリモン氏は、「両サイドの代議員の声のトーンの変化で、必然的に教団の分裂が見え始めた」と言う。「今、神さまが次のように言われていないとは限らない。『この合同メソジスト教会の組織と政治形態を作ったのはあなたたちで、私ではない。規律書を作ったのもあなたたちで、私ではない。だから、それが分裂してしまっても、別にかまわない』と」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Willimon described a shift in tone as delegates on both sides began to see a denominational split as inevitable. “I can’t decide if the Lord is saying now, ‘You created the structure and polity of the United Methodist Church. I didn’t. You wrote the Book of Discipline. I didn’t. If that’s being dismantled, that’s OK,’” he told RNS.

人権活動家で合同メソジスト・ウーマンの副代表でもあるクララ・エスター代議員は、メソジスト教会が数百万ドルもかけて掲げてきた「開かれた心、開かれた精神、開かれた扉」というモットーを「私たちは実行できていない」と語る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Clara Esther, delegate, civil rights activist, and vice president of United Methodist Women said that the denomination has spent millions of dollars on the tagline “open hearts, open minds, open doors,” but “we are not living it out.”

「ワンチャーチ・プラン」が二度目の代議員投票にかけられる前、バージニア州のトム・ベルリン牧師は語った。「私たちの教会の多くでは、もう教会を去ることを決めている人たちもいてね。もうその連絡も受けている。昨日の会議を見たあと……、ゲイの人々は、教会が自分たちに批判的な姿をさらしているように彼らは感じているよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Many of us have members that will leave and have already notified us to tell us,” said Virginia pastor Tom Berlin, before the One Church Plan was brought before the delegation for a second vote. “After watching yesterday’s proceedings … they feel their church is exhibiting itself as being against gay people.”

会議が終わった今、多くの人はこれからどのように前に進むべきかに目を向けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Now that the gathering has concluded, many are turning their eyes toward how they move forward together.

テキサス年次総会監督のスコット・J・ジョーンズ氏は言う。「私たちが一つの教団として協働し、クリスチャンとしての愛により、一致して前進できるよう祈っている。私たちは、多様性のあるキリストの体の一部として神の宣教に携わるのだから、共に働いたほうが強いのだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I pray we, as a denomination can now move forward, working with each other in the spirit of Christian love and joining together as one,” said Bishop Scott J. Jones of the Texas Annual Conference. “We are stronger together in serving God’s mission as a diverse body of Christ.”

火曜日(2月26日)の記者会見には監督たちが集まり、提案が通らなかった教団内の教派について話した。「私にとってのヒーローは、教会によって傷つけられながらも、議論の場から離れなかった人たちです」と語るのは、フロリダ年次総会監督のケン・カーター氏だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
At a press conference Tuesday, fellow bishops discussed the factions of the denomination whose petitions did not get passed. “My heroes are the people who have been harmed by the church and yet stay at the table,” said Bishop Ken Carter of the Florida Annual Conference.

今週行われたこの特別総会の次に注目を集めているのは、2020年にミネアポリスで開かれる世界法制会議だ。そこでUMCは、すべての通常業務に関わる規則を採決することになる。そのとき、アフリカからの代議員は、今よりも18人増えている見込みだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
After this week’s special session, sights now turn to the denomination’s next global legislative gathering in 2020 in Minneapolis, where the UMC will consider legislation for all of its normal business—with an additional 18 delegates from Africa present.

執筆:ジェレミー・スティール(セントルイス在住)

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/february/united-methodist-lgbt-vote-conference-plan.html?fbclid=IwAR1GRkOrRUXKDak1k56m3oGeKCai6d-b9O9-U8N0e-iExzFsOb6MWSVuMOU

Print Friendly, PDF & Email
よかったらフォローお願いします。
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.