米中間選挙2018 上院は共和党、下院は民主党で「ねじれ議会」誕生

 

4年ごとの米大統領選挙が半期過ぎた時点で行われる中間選挙。6日の投票の結果、上院では与党・共和党が過半数を維持したものの、下院では民主党が8年ぶりに過半数を奪還し、「ねじれ議会」が誕生することになった。

しかし、ドナルド・トランプ大統領は7日、自身のツイッターに、「今夜、すばらしい成功を収めた。皆さん、ありがとう」と投稿して強気の姿勢を崩さなかった。

この選挙では、大きな影響力を持つといわれる福音派クリスチャンが多く住む南東部、いわゆる「バイブル・ベルト」と呼ばれる諸州の票の行方が注目されていた。

バイブル・ベルト(写真:フリー百科事典『ウィキペディア』)

日本在住の福音派の米国人宣教師キャロル・アイバーソンさんは今回の選挙に関し、次のように述べる。

「福音派の多くがトランプ大統領を支持しているのは知っています。しかし、全員ではありません。私はトランプ大統領の言動を見るとき、『本当にこの人が国のリーダーなのか』と嫌悪感を持つことがあります。彼が大統領になってから、共和党支持者と民主党支持者の間がだんだん離れていくのを感じています。お互いを罵(ののし)り合って、認めようとしないのです。これでは、アメリカを分断させ、決して良い結果を生まないではと思っています。

今回の結果を残念には思いますが、希望は失っていません。神様が何かしらの計画のうちにトランプ大統領をリーダーにしたのでしょう。これはジョークでもなければ、アクシデントでもなく、神様の完全なる計画の一部なのだと思います。理由は分かりません。

しかし、皇帝ネロがクリスチャンを迫害していた時代、パウロは決してネロを批判しませんでした。『人は皆、上に立つ権威に従うべきです。神に由来しない権威はなく、今ある権威はすべて神によって立てられたものだからです』(ローマ13:1)以下の御言葉を改めて読み、今回の結果を受け止めたいと思います」

Share

Related Posts

None found

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】バプテストとカトリックが協力、フロリダ州で1000組以上の夫婦が関係回復

  2. 既婚男性の司祭叙階を教皇に提言する文書を採択、アマゾン地域で

  3. ノーベル平和賞候補、エジプトのコプト教徒とは

  4. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】エリック・クラプトン──主の臨在の中で(対訳)

  5. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】主イエスに従うことが最も難しい上位50カ国(前編)

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】教会は「結婚」を救えるか──婚姻率の低下が未来に及ぼす影響(1)

  7. 「香港2020福音宣言」の起草者2人 教会の職を辞し避難か? 2020年8月14日

  8. 【寄稿】金正恩が再登場するまでの異変 横田めぐみさんは? 西岡力

  9. 「イエス革命」叫ぶ米伝道者がコロナ予防対策なしでコンサート 2020年10月19日

  10. 元フジテレビ・アナウンサーの中村江里子、長女が堅信式 新型コロナ下のパリのカトリック教会で

  11. 映画「パウロ」全米公開、ルカ役に「パッション」でキリストを演じたジム・カヴィーゼル

  12. 新型コロナで命落としたカトリック大司教・司教は世界で9人 2020年7月23日

  13. バチカンも司教任命権暫定合意の2年延長を発表 2020年10月23日

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】クリスチャンでいるのが困難な国トップ50(前編)

  15. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】あらゆる手話によって福音を(対訳)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。