バチカン、教皇フランシスコ11月訪日を正式発表

 

ローマ教皇庁(バチカン)は13日、教皇フランシスコが11月23~26日の日程で訪日し、東京、広島、長崎を訪れると正式発表した。バチカンのマッテオ・ブルーニ広報局長の発表(イタリア語)を翻訳すると、次のとおり。

教皇フランシスコ(写真:Jeffrey Bruno)

2019年11月19日から26日にかけて、教皇フランシスコのタイ王国と日本への使徒的な旅が行われる。

タイ王国政府と同国の司教の招待により、教皇フランシスコは2019年11月20日から23日までタイ王国への使徒的な旅を行う。

2019年11月23日から26日まで、教皇フランシスコは、日本政府と司教団の招待を受けて日本に滞在し、東京、長崎、広島を訪問する。

旅行のスケジュールはまもなく公表される予定。

また、38年ぶりとなる教皇の来日を受けて、日本カトリック司教協議会・カトリック中央協議会が13日、特設ホームページを開設した。日本カトリック司教協議会は公式ホームページで次のように伝えている。

日本カトリック司教協議会は、このたびローマ教皇庁が、第266代教皇フランシスコの訪日を発表したことをご報告いたします。

ローマ教皇の来日は、1981年の第264代教皇ヨハネ・パウロ二世以来、2度目となります。

今回の教皇来日のテーマは、「すべてのいのちを守るため〜PROTECT ALL LIFE」です。

そのロゴマークも公開しています。

今後、行事日程やミサの詳細、関連情報などを随時、特設サイト等を通じて発表していく予定です。

「POPE IN JAPAN 2019 」ロゴマーク

ロゴマークは、教皇フランシスコ来日のテーマである「PROTECT ALL LIFE」(すべてのいのちを守るため)という英文モットーの「T」の字が十字架となっている。そこから立ち上る3色の炎のうち、緑の炎は日本の豊かな自然を思い起こさせ、赤い炎は、日本の教会の礎である殉教者を表し、青色の炎は、全人類を子として抱擁(ほうよう)する聖母マリアを象徴して、それらが一つとなって希望の福音を告げ知らせる使命を表現している。そして、太陽をイメージした赤い円は、分け隔てのない愛をもって、すべてのいのちを包むことを伝えている。モットーの左には、祝福をおくる教皇フランシスコが青色でデザインされている。

Share

Related Posts

  1. 負傷したパレスチナ人を救うために 「アハリー・アラブ病院を支援する会」

  2. 日本YWCA 「ひろしまを考える旅」50周年記念サイト開設 SNSで「私が守りたい平和」も募集 2020年8月12日

  3. 石破茂氏、「世界の指導者と平和を祈ることを諦めない」 第19回国家朝餐祈祷会

  4. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「喜びへの扉」「光の泉」

  5. 浜矩子さんと福嶋揚さんとの対談「金と神──経済学と神学の対話」

  6. 新型コロナ・ウイルスについてのクリスチャンの心構え 医学博士の樋野興夫さんに聞く

  7. キリスト教、仏教、神道が語る性と生 「宗教とエイズ」

  8. 酪農学園大 韓国CCCの学生メンバーと新年礼拝

  9. 9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「あさのことば」

  10. れいわ山本太郎代表が都知事選立候補を正式表明 カトリック教会で過ごした少年時代

  11. 【インタビュー】キリスト教学校教育同盟新理事長 西原廉太氏(前編)

  12. 「今年の漢字」は「災」、聖書では

  13. WCRP日本委員会、人道的観点での議論を要請 「出入国管理及び難民認定法改正案に対する人道的見地を求める声明」を発表

  14. 被爆体験を語り続けるのは道義的な責任 サーロー節子さん講演会

  15. 関西キリスト災害ネットワーク 懇談会で地域との関わりなど協議 2020年7月21日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。