日本バプテスト連盟・東八幡キリスト教会(奥田知志牧師)

日本バプテスト連盟・東八幡キリスト教会は、福岡県北九州市に1949年に創設されたプロテスタント教会。牧師の奥田知志(おくだ・ともし)さんは、滋賀県大津市生まれの56歳。学生時代から始めた「ホームレス支援」を続けており、北九州市で多くのホームレスの人々を自立に導いたNPO法人「抱樸(ほうぼく)」(旧北九州ホームレス支援機構)の理事長としての重責も担っている。

日本バプテスト連盟は、全国におよそ300の所属教会を持っている。米国で最も信徒数が多い南部バプテスト連盟により、戦前から九州を中心に伝道が行われ、戦後、全国に広がった。自覚的な信仰告白をしてから「バプテスマ」(「洗礼」と言わない)を受けることが特徴で、カトリックなどの幼児洗礼を認めない。また、他教派は滴礼(額に水を垂らすこと)が多いのに対して、全身で水に浸かる全浸礼を行う。それぞれの教会ごとに独立した各個教会主義で、教会員による総会によって物事を決める会衆制であり、牧師や役員が決める監督制や長老制ではない。

 

おすすめ