日本バプテスト連盟・常盤台バプテスト教会(友納靖史牧師)

日本バプテスト連盟・常盤台バプテスト教会は東京都板橋区にあるプロテスタント教会。主任牧師の友納靖史(とものう・やすし)さんは57歳で、福岡出身。礼拝はおもに説教が大半を占め(動画全体50分のうち約30分)、その前後に賛美や祈りなどがなされる形式だ。

日本バプテスト連盟は、全国におよそ300の所属教会を持つ。米国で最も信徒数が多い南部バプテスト連盟により、戦前から九州を中心に伝道が行われ、戦後、全国に広がった。南部バプテスト連盟は福音派だが、日本バプテスト連盟は主流派。自覚的な信仰告白をしてから「バプテスマ」(「洗礼」と言わない)を受けることが特徴で、カトリックなどの幼児洗礼を認めない。また、他教派は滴礼(額に水を垂らすこと)が多いのに対して、全身で水に浸かる全浸礼を行う。それぞれの教会ごとに独立した各個教会主義で、教会員による総会によって物事を決める会衆制であり、牧師や役員が決める監督制や長老制ではない。

常盤台バプテスト教会は1949年、初代牧師の松村秀一牧師の家族などが常盤台で最初の日曜礼拝を持った時に生まれ、翌年、教会組織となった。今年70周年を迎えた。

 

おすすめ