「ウェブバイブル」来年1月から提供開始、スマホやパソコンで「聖書協会共同訳」が読める

 

日本聖書協会(東京都中央区)は15日、「ウェブバイブル」を来年1月から提供を開始すると発表した。スマートフォンやタブレット、パソコンで、いつでもどこでも「聖書協会共同訳」が読めるというもの。「聖書協会共同訳」が発売されて1年、これまでは紙媒体のみだったが、来年からテキストデータでも読むことができる。

ただし、利用のためにはインターネット接続環境が必要で、ウェブブラウザのGoogle Chromeを使うと機能を十分に使うことができるという。

「ウェブバイブル」にはベーシック版(利用料:年間500円+税)とプレミアム版(利用料:年間2000円+税、1年間のみの発売記念価格:年間1500円+税)がある。ベーシック版は「聖書協会共同訳」のみ、プレミアム版は「新共同訳」「口語訳」「ESV」「スタディ版傍注」も搭載されている。

ベーシック版で読めるのは『聖書 聖書協会共同訳 旧約聖書続編付き』(ルビ、引照・注付き)で、書名や章節が簡単に選択でき、本文はルビと小見出しを表示する。また、記号や引照の数字をクリックすると引照・注も表示。1節ずつコピーすることも可能だ。検索機能を使って語句調べをするのも簡単で、序文や巻末付録(地図、用語解説など)も搭載されている。

プレミアム版で読めるのは『聖書 聖書協会共同訳 旧約聖書続編付き』(ルビ、引照・注付き)のほかに『聖書 新共同訳 旧約聖書続編付き』、『聖書 1954年、1955年改訳(口語訳)』、米国で最も用いられている『The Holy Bible, English Standard Version(ESV)』。またプレミアム版の「聖書協会共同訳」には『聖書スタディ版』の注がついており、節ごとに翻訳の比較も可能だ。

Share

Related Posts

  1. ローマ教皇庁駐日大使のジョセフ・チェノットゥ大司教の追悼ミサ、17日に東京カテドラル聖マリア大聖堂で

  2. 高山右近は信徒使徒職ナンバーワン カトリック金沢教会の九里彰神父に聞く

  3. 日本キリスト教会、各教会ごとに礼拝をどうするか判断を託す

  4. 【空想神学読本】 「スター・ウォーズ」シリーズ 星を駆ける孤児(みなしご) Ministry 2020年6月・第45号

  5. 日本聖公会横浜教区 礼拝を休止した時の主日の守り方

  6. 8月11日は山の日

  7. 新年のご挨拶 渡部信(クリスチャンプレス顧問)

  8. 日進館・万座温泉ホテル会長の黒岩堅一(泉堅)氏、召天

  9. カトリック新潟教区、聖週間の典礼は非公開 4月1日以降も20人を超える公開ミサを中止

  10. オンライン献金への日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の対応(後編)

  11. 【鬼滅のイエス】第一夜 『鬼滅』の舞台とキリスト教 そして煉獄とは? MARO

  12. プロテスタントのキリスト教主義大学、学生への経済的支援を開始

  13. カトリック福岡教区と長崎大司教区 公開のミサの中止を延長

  14. 10月13日はやなせたかしが亡くなった日

  15. 故・遠藤周作氏の妻、遠藤順子さん帰天

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。