『世界を変えるのは、…パパ!』 東大阪・小阪シオン教会の牧師夫妻が集めた子育てママのリアルな本音

 

シオン宣教団・小阪シオン教会(東大阪市)の牧師である山下翼(やました・つばさ)さんと助産師の百子(ももこ)さん夫婦による共著『世界を変えるのは、…パパ!』。大きく妊娠編、出産編、産後編の3章で構成され、子育てに奮闘する100人の母親のリアルな声が紹介されている。

翼さんは82年、福岡生まれ。2005年、同志社大学神学部を卒業後、チャーハン屋を経営。その後、農家で働きながらアンデレ宣教神学院で学び、現在は牧師として、ふだんは駅でゴスペルを歌い、休みの日には海でサーフィンをして過ごすという。

百子さんは4つ年下で、同じく福岡生まれ。2009年に福岡県立大学看護学部を卒業し、14年、長女を自宅出産するとともに、出張助産所「もものいえ」を開業。16年、長男を自宅出産。18年、次男を助産院で出産。現在、3人の子育てを楽しみながら、悩める母親たちのところへ出張相談に行ったり、小中高校やサークルでいのちの話を届けたりしている。

山下翼さんと百子さん夫婦

「自分が親になるまでは、子どもといれば、母親はそれだけで無条件に幸せなんだと思い込んでいたんです」と翼さん。長女が生まれてからも、百子さんが育児に奔走する姿を見ながら、「ほかのお母さんも頑張ってるやん」と、育児に関心を持たなかったという。

しかし、初めて幼い長女の面倒をひとりで見た時に、「育児は本当にたいへんなんだ」と実感。百子さんをはじめ、世の中の母親たちへの意識が大きく変わったという。

「家庭内だけでなく、たとえば飲食店で赤ちゃんがぐずってしまい、来店早々にコーヒーも飲めずに立ち去るお母さんを目にしたり……。子育てをしていると、自分の時間がなくなってしまうということも改めて知りました」

毎日忙しい母親たちにも、癒やしやリラックスできる場所が必要だと考えた翼さんは、教会で「ママカフェ」を開催することに。毎月、教会員による料理教室や、クリスマス・クラフト作りなど、さまざまなイベントが行われ、参加する母親たちにとっては、子育ての悩みや家庭の不満などを心おきなく話せるコミュニケーションの場にもなっているという。

「ママカフェに参加してくださる方たちの生の声を聞いていると、自分が想像していた母親像、子育てとの間に大きなギャップがあることに気づかされたんです。僕はどこか、出産はゴールのように考えていたんですが、実際は、その後に壮絶な戦いが待っている。お母さんはいつでも寝不足だったり、赤ちゃんが母親を探して追いかける『後追い』の時期は、トイレにもおちおち行けなかったり……。

一方で、たいへんさをパパに伝えられずにいるママがたくさんいるんですね。僕自身も含めて男性は何も知らないから、『僕は僕で頑張っているんだから……』と思い、ママに育児の負担を押しつけがちです。そんなパパにママの声を届けたい、少しでも現実を知ってほしいという思いから、本を出そうと決めました」

まずはとにかく母親たちの声を集めようと、ママカフェの参加者を中心にインタビューを開始したところ、ほとんどの母親は堰(せき)を切ったように話し出し、なかなか話が尽きなかったのだとか。

これまでに本の編集や出版に携わったことがない翼さんは、膨大なデータをどのようにまとめ、客観的に伝えるか、頭を悩ませたという。最終的に、1ページに一つの声を1~3行で掲載し、いつでも気軽に思い思いのページを開けるよう、読みやすく工夫した。

「ありのままの声を伝えたいということが一番でしたが、ただ『しんどい』というメッセージだけでは、パパたちには共感しづらい。そこで、助産師である妻に助けをもらって、専門的な知識を添えて『なぜしんどいのか』と解説したり、僕自身の言葉を『パパのつぶやき』として載せることにしました」

約4年間かけて集めた100人分のインタビューをまとめた1冊は、クラウド・ファンディングで約44万円の資金を集め、自費出版された。帯には東大阪市の野田義和(のだ・よしかず)市長から次の言葉を寄せてもらった。「子育てをしているお母さんたちにとって、自分だけじゃない、同じ気持ちで子育てしているお母さんたちがすぐそばにいると感じさせてくれ、お子さんを持つお父さんや子育て支援をするすべての人が共感できる内容となっていますので、ぜひ手に取っていただきたいと思います」。そういうこともあり、出版直後からさまざまなメディアで取り上げられるなど、注目を集めているのだ。

東大阪市の野田義和市長(右)と

また、この本をきっかけに自分たちで空星出版を立ち上げ、今回掲載しきれなかった体験談を集めた第2弾や、パパの声を集めた本なども出す予定だという。

「ママカフェの参加者をはじめ、クリスチャンではない人々と一緒に作り上げた1冊です。何かのきっかけでこの本を知ってくださった方が、小阪シオン教会について検索してくださり、教会に足を運ぶきっかけになったら嬉しいですね。本のタイトルは『世界を変えるのは、…パパ!』としましたが、本当に世界を変えることができるのは『天のパパ』です。それだけはブレずに、遣わされた東大阪の地で神様の愛を伝えていけたら」

小阪シオン教会
東大阪市小阪本町1-2-8 小阪ビル2階3号
電話:06-7176-8284

山下翼・百子著
世界を変えるのは、…パパ!
文庫
2019年6月16日発行
空星出版
1296円(税込)

Share

Related Posts

  1. 東西2人の神父からのメッセージ 『希望する力―コロナ時代を生きるあなたへ 』

  2. 秦剛平著『七十人訳ギリシア語聖書入門』

  3. 「祈りは、あきらめではなく希望」止揚学園園長・福井生さん 出版記念講演会

  4. 『人生に悩んだから「聖書」に相談してみた』『キリスト教って、何なんだ?』 聖書を「知ってもらう」「使ってもらう」ための試行錯誤 上馬キリスト教会 MAROさんインタビュー 2020年10月1日

  5. 聖書は人生のスパイスだ!芸術新潮×MAROさんによるトークイベント開催

  6. 太宰治が入院中に手にした聖書 神奈川近代文学館で公開

  7. 信仰を封印して、神に創られた人間の愛おしさを描く 下田ひとみ『落ち葉シティ2』

  8. 「絵本」は生きる力 言葉と想像力が心を優しくする 大嶋裕香著『絵本へのとびら』

  9. まっすぐな詩に心を澄ませたい時に 八木重吉信仰詩集『うつくしいもの』(日本キリスト教団出版局)

  10. カール・バルト説教選『しかし勇気を出しなさい──待降・降誕・受難・復活』(日本キリスト教団出版局)

  11. 元ワーナー・ブラザース映画製作室長・小川政弘さん 『字幕に愛を込めて──私の映画人生半世紀』出版記念会

  12. ドイツの女性首相を支えた信仰とは アンゲラ・メルケル著『わたしの信仰──キリスト者として行動する』

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ブック・アワード2019(2)

  14. 「死後に天国に行く」のは聖書的なのか N・T・ライト著/中村佐知訳『驚くべき希望』(あめんどう)

  15. フェリス女学院大学学院長の鈴木佳秀氏、『VTJ旧約聖書注解 出エジプト記19~40章』刊行

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。