クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】牧師がうつに苦しむ時(対訳)

エリヤ、うつの預言者

列王記上19章で、預言者エリヤはうつ状態にある。彼はえにしだの木の下で死ぬことを願っていた。女王イゼベルとその取り巻きであるバアルの預言者たちに勝利した直後のことだ。そのすべてが終わったあと、エリヤは逃亡した。女王が恐ろしかったからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In 1 Kings 19, God’s prophet Elijah is depressed. He was “just leave me to die under the broom tree” depressed. He has just experienced victory over Queen Jezebel and her crew of Baal prophets, but after all that, Elijah ran away because he feared the queen.

ダニエレ・ダ・ヴォルテッラ「預言者エリヤ」

エリヤの抱えていた恐怖は、イゼベルに対する恐怖よりもはるかに深い。その時点でエリヤはイスラエルに対して何年も預言していたが、何ら実りを見られず、イスラエルに信仰が覚醒することも、指導者たちが回心することもなく、異教の神々の祭壇が破壊されることもなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Elijah’s fear ran much deeper than dread of a pagan queen. At that point, Elijah had been prophesying to Israel for years and had seen no fruit, no revival in Israel, no conversion of the leadership, and no tearing down of the altars to the pagan gods.

エリヤは、自分の仕事が無駄だったことを深く恐れていたし、無意味とすら思っていただろう。ゾッとするぐらい希望がなかった。エリヤは逃げた。聖書的なやり方で逃亡した。彼は、死や孤独、あきらめ、絶望の象徴である荒れ野に逃げ込む。そこでエリヤは「死んだほうがましだ」と断言する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Elijah was deeply afraid that his work was ineffective, maybe even pointless.Elijah fled. He fled in biblical fashion. He fled into the wilderness, the place symbolic of death, loneliness, despair, and hopelessness, a place where he declared, “I would be better off dead.”

しかし、これらすべての失敗の感情は、エリヤの義憤に触れさえしない。「神よ、あなたが求めることを私は忠実に成し遂げてきました。飢えたやもめに食べ物を求めさえしました。それはとても無様(ぶざま)なことでしたが、感謝しています。この先どうなるのでしょうか。えにしだの木の下で衰え果てるのでしょうか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But all those feelings of failure don’t even touch Elijah’s feelings of righteous indignation: God, I’ve done exactly what you’ve asked of me. I even asked the starving widow for food, which was very awkward, so thanks for that. And this is how it’s going to end? Withering away under a broom tree?

神はやがてエリヤの必要に3通りのかたちで応えるが、それは今日の研究によってますます支持されるものだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
God eventually responded to Elijah’s needs with three forms of care, which it turns out, are increasingly supported by current research.

1 昼寝をして軽食を食べる

深い絶望の奥底で、今日の多くの牧師と同じ立場にあることをエリヤは認めた。落胆と抑うつである。心理学によると、私たちのうちエリヤのような人は、完璧に仕事を成し遂げ、目標に到達しようとするが、そうすることで潜んでいるうつの闇にさらに陥ってしまうのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In his deep basement of despair, Elijah found himself in the same position as many pastors today, discouraged and depressed. Psychological research suggests that those of us who, like Elijah, are driven by an inner drive to accomplish and achieve with a tendency for perfectionism are more vulnerable to the lurking darkness of depression.

取り乱すエリヤはどこで神を体験したのだろうか。疲れ果てたうつの預言者に高みから言葉をかけられたのではない。耳の中で鳴り響く神の沈黙によって、エリヤは地面に横になって眠りに落ちる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Where was God in the mess Elijah was experiencing? No word from on high to the weary, depressed prophet of God. With divine silence ringing in his ears, Elijah collapsed to the ground and slept.

落胆したエリヤが眠ると、神はエリヤを養うために御使いを送ってパンと水を与えた。このやつれたしもべエリヤにとって実際に必要なものを、神は天の御使いを通してお与えになったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As dejected Elijah slept, God was awake and at work on Elijah’s behalf, sending an angel with bread and water multiple times to nourish him. God reached down through his heavenly messenger to meet the practical need of Elijah, the haggard servant.

神は今も疲れたしもべを昼寝と軽食に招いている。魂を回復させるためだ。この二つとも、よき知らせであり、よき助言だ。アメリカ不安・うつ学会はうつに苦しむ人々に、睡眠とバランスの取れた食事をとることを奨励している。この二つを守れば、やっかいなうつの前兆に対して体を守ることができる。(次のページへ続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
God still invites his weary servants to naps and snacks for the restoration of their souls. That is both good news and good advice. The Anxiety and Depression Association of America encourages those suffering from depression, both circumstantial and clinical, to get additional sleep and to eat well-balanced meals, both of which enable the body to persist through the taxing symptoms of depression. God knew what he was doing in offering Elijah a chance to rest and be nourished.

次のページへ >

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-,

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.