クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】新型コロナ・ウイルスに脅かされて、自己中心になっていないか(前編)

 

3月上旬、まだサウスカロライナ州チャールストンの島では、友人を連れてゴルフをすることができたし、時には有名人と一緒に出かけることもあった。コケに覆われたアカガシの木が並ぶ沼地のあたりに沈む夕日を見ながら、冷たい飲み物を手にして、グラミー賞にノミネートされたクリスチャン・バンド、ニード・トゥ・ブリーズのプライベート・ライブに出かけたりしたものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In early March, $6,500 could buy you and three friends a round of golf on an island in Charleston, South Carolina, accompanied by a former NFL quarterback or maybe even Chris Tomlin. When the sun sank behind moss-draped live oaks and blackwater marshes, you could retire to a country club for cool drinks and a private show with Grammy-nominated band Needtobreathe.

こういった豪勢なイベントで集められたお金は、世界で最も貧しい人々のために用いられた。「世界には、蚊に刺されたり、汚染された水を飲んだりして、命を落とす人々がいる」。クリスチャンの非営利医療団体「ワン・ワールド・ヘルス」(以下OWH)はそのようなメッセージを打ち出して、春の大規模募金キャンペーンを行っていたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And in the surreal psychology of philanthropic events, you could have done all this in solidarity with some of the world’s poorest people, your fee going to improve health care in places where a bite from the wrong mosquito or a sip from the wrong faucet can end your life. At least that’s how OneWorld Health, a Christian medical nonprofit, was marketing its big spring fundraiser.

しかし、3月中旬までにそのようなイベントはすべて中止され、消え去っていった。どんなにお金を出しても参加できるようなチャリティー・ゴルフ・トーナメントやオークションはもうない。新型コロナ・ウイルスが世界全体をむしばむ中で、そのようなVIPイベントが感染拡大の危険をはらんでいることは誰の目にも明らかだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
By the middle of March, however, no amount of money could secure you a berth at a charity golf tournament or gala or silent auction anywhere in the country. Virtually all of them were being canceled. COVID-19 was burning its way across the globe and, for all anyone knew, it was just waiting to press the flesh in VIP circles at such gatherings.

OWHは3月13日、ゴルフ・ツアーのNTBクラシックを中止した。「適切な決断を下すのに迷いはありませんでした。しかし、財政面では確かに大きな痛手です」とマイケル・オニール専務理事は語る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
OneWorld Health called off its Needtobreathe Classic on March 13. “It was an easy decision to make, the right decision,” said executive director Michael O’Neal. “But it certainly leaves a hole in terms of operational funds.”

新型コロナ・ウイルスのパンデミックによる経済的影響で、非営利団体は危機を迎えている。オンライン礼拝への切り替えや礼拝自体の休止を余儀なくされた各地の教会は、「献金なしにいったいどうすればいいのだろう」と頭を悩ましている。海外渡航ができなくなった宣教グループには、「世界各地の現場に働き人を派遣することなく活動を続けることが、いつまでできるのか」という不安がある。投資が失われ、ビジネスが消滅する中で、多額の寄付を寄せていた裕福層はどんな反応を見せるのか、多くの人が心配している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The economic impact of the coronavirus pandemic threatens to decimate nonprofit groups. Churches, forced to livestream or outright cancel worship services, wonder what will happen when offering plates cannot be passed. Missions groups, forced to halt international travel, ask how long they can survive without sending workers into the field. Everyone worries how big donors will respond as investments dissolve and business profits disappear.

中米と東アフリカで12の医療施設を運営するOWHのような組織には、このパンデミックにおいて二つの戦いがある。つまり、資金調達に苦戦する一方で、各地の現場では、今後影響の拡大が予想される新型コロナ・ウイルス対策への戦いも強いられているのだ。オニール氏は言う。「いま私たちは、自分たちの体制を整えようとしています。しかし、今後18~24カ月は寄付金の減少が予測されています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But the pandemic is a two-front war for organizations like OneWorld Health, which operates a dozen medical facilities in Central America and East Africa. Their fundraising efforts are being pummeled just as they scramble to get ahead of an anticipated onslaught of virus-related cases in the countries they serve. “We’re trying to prepare ourselves,” O’Neal said. “But we’re all going to see giving decline in the next 18 to 24 months.”

医療システムが存在しないか、すでに医療的に緊張状態にある発展途上国での新型コロナ・ウイルスの影響を、世界的な公衆衛生の専門家は特に懸念している。何百万人もの死者が出る可能性があるからだ。米国のように豊かな土地と経済力を持った国でさえウイルスがここまで広まるのであれば、人口密度が高く、共同生活の文化があり、水道システムや衛生管理が不十分な地域でのリスクは高い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Global-health experts are particularly concerned about COVID-19’s impact in the developing world, where health care systems are already strained and, in many places, nonexistent. Millions could die. If a nation as powerful and as spread out as the United States has failed to get a handle on the virus, signs are not good for regions with high population densities, cultures of communal living, and deficient water and sanitation systems.

オニール氏はそのことを承知している。彼は2011年、OWHにとって最初の医療センターを開設するため、妻と共にウガンダに移り住んでいるのだ。「3600万人以上の人口を抱えるこの国で、ICU収容人数はたったの55人です」。それでもウガンダはまだ恵まれているほうだと感じる医師たちもいる。ナミビアの首都ウィントフックにある民間医療機関で働くマーティ・ウォール医師は語る。「ここの医療システムは、換気しながら多くの人を治療することはできません。医療崩壊するまでには数日とかからないでしょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
O’Neal knows. He and his wife moved to Uganda to help OneWorld Health open its first medical center there in 2011. “It’s going to have a huge effect,” he said. “There are 55 ICU beds in a country of 36-plus million people.” Doctors in other countries wish they had it that good. Martie Wahl works in a private medical practice in Windhoek, the capital of Namibia, and minced no words: “Our health system will not be able to cope with a large number of people who need ventilation,” she said. “It will collapse within days.”

ここ数カ月、国際的に活動する多くの団体が、「最悪の事態に備え、貧困にある国々を支えよう」という呼びかけを強めてきた。2月にはすでに、脆弱な医療システムを持つ国々の集団感染への支援として、英国などの国々が何百万ドルもの特別資金を用意し始めた。国連は3月初旬に1500万ドルを拠出し、さらに20億ドルの追加援助を要請している。国際通貨基金(IMF)やG20などの他のグループもそれぞれのかたちで支援を行う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For months, international groups have issued crescendoing calls to help poorer nations prepare for the worst. As early as February, countries including the UK began earmarking millions in special aid to help those with fragile health systems fight the outbreak. The United Nations released $15 million in early March and asked for $2 billion in additional assistance. Other groups like the International Monetary Fund and the G20 have followed suit with proposals of their own.

そういった人々が何を懸念しているかは想像にかたくない。裕福な国々が自国での戦いを終える頃には、ほかの国を助ける余力が残されていない可能性がある。嵐の中で(自分の身だけでなく)家屋や隣の家のことを心配するのは人間だけだ。しかし、グローバル時代にある私たちにこのパンデミックが教えてくれるのは、自分と隣人の領域には明確な境界がないということだ。炎は通りを越えて広がるが、この病気は大陸をも越えて被害を拡大させてゆく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The concern is obvious: Wealthy countries, once they’ve beaten back the inferno in their own backyards, may be too exhausted to run toward smoke on the horizon. In a firestorm, it’s only human, even prudent, to worry about your own house and your next-door neighbor’s house. But the lesson of pandemics in a globalized era is that there are no clear boundaries between neighborhoods; flames don’t just jump streets, they jump continents.

OWHの共同設立者であり、サウスカロライナ医科大学で国際公衆衛生部門を統括するエド・オブライアン医師は言う。「国際公衆衛においては、私たちは最も弱い部分を強めていくことでしか強くなれないのです。そうしなければ、疫病はまた私たちのところに舞い戻るでしょう」。中国や欧米で新型コロナ・ウイルスの感染を抑え込んだとしても、アフリカやロシアで(ウイルスが)猛威を振るったり変異したりしてしまえば、その努力は台なしだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“In global health, we know with diseases like this, you’re only as strong as your weakest link,” said Ed O’Bryan, who cofounded OneWorld Health and is a physician and director of global health at the Medical University of South Carolina. Taming COVID-19 in China and the US and all of Western Europe won’t matter if it’s still raging and potentially mutating in Africa or Russia, he said. “It’s going to come back around.”

ナミビア政府は人々に社会的距離を義務づけているが、そのことにウォール医師は疑問を抱いている。たとえば、ウォール医師のもとで働く従業員にそれは可能だろうか。彼らは貧しい地域の小さな家に住み、5人の兄弟やその子どもと一緒に住んでいる。リベリアには救急車はなく、公共交通機関は制限されている。ある医療系宣教師は、「病人はいったいどうやって病院に行けばいいのか」と不安を口にする。多くの人が生活の糧にしている路上販売は禁止され、公共市場も目をつけられている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In Namibia, the government has mandated social distancing, but Wahl doubts that will be possible for one of her employees who lives with five siblings and their children in a tiny house in a poor part of town. In Liberia, where there is no ambulance service, a missionary surgeon says he worries how the sick will even get to the hospital since public transit has been restricted. Street selling, which many depend on for income, has been banned, and formal markets may be scrutinized next.

高齢者が犠牲になるリスクの高いこのウイルスについて、人々は社会の至るところで特別な恐れを抱いている。この国では、高齢者に大きな敬意が払われているのだ。ウォール医師は言う。「しばしば見られる不幸なケースは、祖父母が稼ぎ手として孫たちを世話している場合です。そのために、孤児の数はこれまで以上に増えるでしょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And everywhere in societies where elders occupy special places of honor, people dread a virus that preys largely on the aged. “Often the unfortunate case is that the grandparents are the breadwinners and caregivers of the grandchildren,” Wahl said. “We would have a lot of orphaned children, more than we already have.”

裕福な国にとって新型コロナ・ウイルスのパンデミックが「打撃」だとすれば、貧しい国々にとっては「滅亡」の危機だ。外国からの投資はなくなり、石油や観光ビジネスの収入は消え、失業率は危険なレベルにまで上昇している。こういった国々には、そのショックを吸収できるような個人の貯蓄はほとんどか、まったくない。パキスタンのイムランカーン首相は、国民2億1000万人に在宅対応を命じる数日前、「人々は新型コロナ・ウイルスから救われても、飢えの死にさらされるだろう」と嘆いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
If the COVID-19 pandemic has hammered wealthy nations, it’s arriving in many poorer ones like a demolition crew. Foreign investment is fleeing, revenue from oil and tourism has vaporized, and unemployment has risen to perilous levels. All this in places where most people have little or no savings to cushion their fall. Days before Pakistan’s prime minister, Imran Khan, ordered his 210 million countrymen into their homes, he lamented that it would “save them from corona at one end, but they will die from hunger on the other side.”

宣教師や支援団体職員にとって、絶望と飢えが急速に広がるのは分かりきったことだった。ユナイテッド・ワールド・ミッション(UWM)中米地域活動の担当者ケヴィン・アベッグ宣教師は、寄付者に宛てた文章にこう記している。「『米国がくしゃみをすれば、南米は肺炎にかかる』と言われてきたが、莫大(ばくだい)な富を持つ米国経済が可能にしているような市民保護対策は、私たちが活動している中央アメリカの国々では取ることができません」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For missionaries and aid workers, it’s a foregone conclusion that surging desperation and malnutrition crouch just around the corner.“It’s said, ‘When the US sneezes, Latin America gets pneumonia,’” missionary Kevin Abegg, who oversees ministry in that region for United World Mission, wrote to donors. “The sheer scale of the US economy and resources available provide significant protections that are not available in the Central American countries where we and our fellow missionaries serve.”

すべての発展途上国が同じ状況に置かれているわけではない。ウイルスはほぼすべての地政学的境界線を突破しているが、およそ(発展途上国のうち)4分の1の国々は、残りの国々よりも整えられた設備を持っている。東南アジア以外の低所得国からは、感染の危険のあるところから逃げようとする乗客を満載した数少ないフライト便が各地に飛んだ。その間、その国のリーダーたちは、ほかの国々が取ったパンデミック対応を観察する時間を持つことができた。スーダンで報告された新型コロナ・ウイルスの感染事例は2件にとどまるが、学校は閉鎖され、大規模な集会は禁止された。ハイチは、最初の感染者である二人が発見された後、空港を閉鎖した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The developing world is not a monolith; some quarters are better equipped than others to fight the virus that has breached nearly every geopolitical border. In low-income countries outside of Southeast Asia, fewer daily flights were emptying bellyfuls of passengers from infection hot spots. That gave some leaders time to watch the rest of the world react to the pandemic. Sudan closed schools and banned large gatherings after reporting only two COVID-19 cases. Haiti closed its airports after announcing its debut pair of infections.

エボラ出血熱など感染症の記憶が新しいアフリカの一部では、多くの国で迅速かつ大規模な対応準備が整えられた。リベリアでは、午前4時に最初の新型コロナ・ウイルス陽性患者が発見されると、同国大統領はその日の午前10時には学校を閉鎖している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Across parts of Africa, fresh memories of previous epidemics like Ebola primed many countries to respond swiftly and forcefully. Liberia’s first positive test for COVID-19 was at 4 a.m., and by 10 a.m. that day, the president was shuttering schools.

リベリア・モンロビアにあるELWA病院に勤めるリック・サクラ宣教医療員は、同国の雰囲気を「かなり緊迫している」と表現した。サクラ氏は2014年、エボラ出血熱に感染した経験を持っているが、「新型コロナ・ウイルスはエボラ出血熱とは違い、患者の半数を殺すような病気ではない」と同僚を励ましている。「スタッフの中には、エボラ出血熱の時と同じように感染防護具を着用して閉所恐怖症になった者もいます」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The mood here “is pretty tense,” said Rick Sacra, a missionary physician at ELWA hospital in Monrovia, Liberia, who survived Ebola after contracting it in 2014. He reassured his colleagues that COVID-19 is not like Ebola, which killed half of everyone it infected. “Some of the staff, just like during Ebola, they tried to put on the personal protective equipment and felt all claustrophobic and just couldn’t cope with it.”

しかし、対応は国によって大きく異なる。アフリカ大陸の反対側、タンザニアではすでに12の症例が報告されているにもかかわらず、ジョン・マグフリ大統領は静かな微笑すらたたえて次のように人々に語った「(新型コロナ・ウイルスは)教会では広まらない。(病原菌は)燃え尽きてしまうだろう。教会を閉鎖することはない」

世界の多くの人々が屋内退去する中で、大西洋を越えたニカラグアでは、新型コロナ・ウイルス被害者支援のため、政府主導で数千人が行進行動をしている(ニカラグアではその3日後、3月18日に初めての感染例が報告されている)。その南にあるブラジルでは、国による感染者数の報告が2000件を超えてなお、ジャイール・ボルソナロ大統領は、新型コロナ・ウイルスを「ただの風邪だ」と取り合おうとしなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But responses have varied starkly. On the opposite side of Africa, Tanzania had already reported 12 cases when President John Magufuli smiled calmly and promised a cheering congregation that he would not close houses of worship because COVID-19 “cannot survive” there; “it will burn.” Across the Atlantic, while much of the world was shut indoors, thousands of Nicaraguans marched in the streets in a government-orchestrated show of support for coronavirus victims. (Nicaragua reported its first infection three days later on March 18.) Farther south in Brazil, President Jair Bolsonaro was dismissing the virus as a “measly cold” while the nation’s reported number of infections blew past 2,000.

「公衆衛生の観点から見た大きな懸念がいくつもあります」とOWHのオニール氏は言う。OWHはニカラグアに複数の医療センターを運営している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“There are some things, from a public health standpoint, that are very scary for us,” said OneWorld’s O’Neal. His organization runs multiple medical centers in Nicaragua.

「クリスチャニティー・トゥデイ」(CT)が取材したほとんどの国の医師は、「政府主導で新型コロナ・ウイルスの検査が行われ、拡散を防ぐことができている」と語った。しかし、病院でもNGOでも、ほとんどの医療従事者は、今後圧倒されるほどの患者が訪れるような事態に備えている。サクラ医師は、「(疫病の)勢いが増せば、私たちは大打撃を受けるでしょう」と言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In most countries, doctors told CT, governments are taking the lead in testing for COVID-19 and preventing its spread. But nearly everyone in scrubs, whether employed by hospitals or by NGOs, is bracing for overwhelming numbers of coughing, feverish patients. “We’re going to be hard-hit when it picks up,” Sacra said.

それは簡単なことではない。世界の目はもっぱら新型コロナ・ウイルスに集まっているが、結核や感染性下痢など、ほかにも恐ろしい病気は常に蔓延(まんえん)しているのだ。毎年80万人以上の5歳未満児の命を奪い、「子ども殺し」と呼ばれる肺炎のように、センセーショナルではない病気もある。「新型コロナ・ウイルスと戦うからと言って、マラリアが消えるわけではないですからね」とオニール氏は語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That’s in no small part because, while COVID-19 has become almost the singular focus of the global health community, more-menacing diseases like tuberculosis and infectious diarrhea continue to prowl. So do less sensational illnesses like pneumonia, the world’s leading killer of children, which claims more than 800,000 lives under age five every year. “Just because you’re battling this, malaria doesn’t go away,” O’Neal said.

全世界を席巻する新型コロナ・ウイルスにはまだ多くの謎が残されており、発展途上国でどんな動きが起こるか、医師たちはまだ分からないでいる。若い世代の割合が高いアフリカでは、ウイルスの致死率は低く抑えられるかもしれない。また、「あたたかい気候に弱い」という情報が正しければ、熱帯気候ではそれが有利に働くだろう。あるいは、栄養が足りないことによって、そういったメリットをも凌駕(りょうが)する悲劇が起こるかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
COVID-19 has left ample mysteries as it sweeps the globe, and doctors don’t know exactly how it will behave in the developing world. Maybe it will be less lethal among Africa’s young-skewing population. Maybe the virus faces headwinds in tropical climates, if the possibility that it doesn’t like warmer temperatures holds true. Maybe, in some tragic twist, all of these advantages are nullified in malnourished bodies.

死者数については、(たとえ事態が収束しても)統計を取ることはできない可能性が高い。「米国で検査器具が不足しているのであれば、貧しい国で手に入る器具はそれよりはるかに少ないでしょう」とオブライアン氏は言う。「死亡率は高くなるでしょうが、新型コロナ・ウイルスがその死因と認定されるとは限りません。多くの患者が『原因不明の呼吸器疾患』で死んだということにされるでしょう」(後編に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
What countries will probably never be certain of is a death toll. However scarce testing supplies become in the US, O’Bryan said, count on far less in poor countries. “You’re going to see higher mortality rates, but they may not necessarily be attributed to coronavirus. You’re going to see a lot of patients die of ‘unknown respiratory illness.’”
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.