クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】ペンテコステ派はなぜ成長を続けるのか──多くの教会が減少する中で(前編)

 

この地上のあるところでは、ペンテコステ運動を通して著しい教会成長が起こっている。よく聞かれるのは、「教会がさまざまな部分で減少傾向にあるのに、どうしてその流れに逆らえるのか」という問いだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
There are parts of the globe where the greatest church growth is happening through the Pentecostal movement. One of the most asked questions is, “In a world where the church seems to be declining in many areas, how they are bucking the trend?”

ムーブメントが成功する理由がたった一つということはない。いくつかの要因があることが分かっている。ペンテコステ派の人はおそらく、「聖霊が力強く動いているからだ」と言うだろう。それは分かるし、実際それが理由の一つであるとも思う。しかし、社会学的な見地から他の動きを見る必要もあるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
There is never one reason why a movement succeeds. But some factors rise to the surface. Pentecostals will say they are growing because the Spirit is moving in a powerful way. I get that, and actually would affirm that as part of the reason, but from a sociological perspective, other things are happening and worth exploring.

最近、(ペンテコステ派の指導者に)「社会学的な理由は何だろうか」と聞かれたので、その会議に引き続きこの原稿でも、ペンテコステ派の信仰がどのように成長を促しているのかについて探り、ほかの教派と比べてみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I was recently asked (by Pentecostal leaders) what some sociological reasons might be. So, following that meeting, and in this brief post, I want to explore how the beliefs of Pentecostals actually promote and produce growth, compared to other, more “mainstream” groups.

異言で祈るメキシコのアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の教会(写真:Rayttc)

ペンテコステ派は共有の経験を重視する

統計学からいえば、ペンテコステ派は他の信者と比べて「名ばかり」の人が少ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
From a statistical perspective, Pentecostals tend to be less “nominal” than other believers.

理由はたいてい明白で、「聖霊のバプテスマ」があるからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The reason is often obvious—the Baptism in the Holy Spirit.

ほとんどすべてのペンテコステ派のクリスチャンは(聖霊の第三の波とは対照的に)、「聖霊のバプテスマ」の後に「異言」の賜物(たまもの)が続く(※異言は使徒言行録やコリント書に出てくるが、学んだことのない外国語や意味不明の複雑な言語を操ることができる超自然的な現象)。そのような経験をした後で、「これを大切なことだとは考えていなかった。今では本当だったかどうかも分からない」などとは言いがたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In almost all Pentecostalism (as contrasted to other continualist streams) speaking in tongues follows the Holy Spirit’s baptism. After that experience, it’s hard to say, “Oh I don’t take this whole thing serious, I don’t even know if it’s real.”

自分が他の言語を話していると信じるなら、それは信仰を新たなかたちに作り変えるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When you believe you’re speaking in another language, that belief reshapes the way you think about faith!

名ばかりの長老派、メソジスト派、バプテスト派のクリスチャンになるのは簡単だ。洗礼のように、霊的な決意を示す、外に向けた行動が望まれることがあったとしても。しかし、ペンテコステ派の信徒や教会では常に、霊的な経験と関わりが強調される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Being a nominal Presbyterian, Methodist, or Baptist is easier; though there are some outward expectations like baptism (among credobaptists) that can mark a spiritual commitment. But Pentecostal believers and churches constantly emphasize spiritual practice and engagement.

それはより強固な信仰へと導く。

だからほとんどの場合、本当の聖霊に満ちた経験と同時に、教会成長が停滞することはない。結果的にこのムーブメントの信仰が「名ばかりの信仰」を排除するので、名ばかりのペンテコステ派になるのは難しいのだ。教会と信仰のコミュニティーで起こっていることによって、気軽な傍観者として「ただそこにいるだけ」の人にはならない傾向がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
So, more often than not, stagnation is not as compatible with a real Spirit-filled experience. The end result—it’s harder to be a nominal Pentecostal—the beliefs of the movement tend to weed out nominalism. Because of what is happening in church and the community of faith, people tend not to just hang around as casual observers.

仲間になるか、出ていくか。多くの人は仲間になる。名ばかりの信仰者の多いムーブメントはたいてい衰退する。名ばかりの信仰者はペンテコステ派では増えない。だから成長する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Either you join in it, or you move on. Many join. Movements populated by nominals are usually in decline. Nominals don’t populate Pentecostalism, so it grows.

ペンテコステ派は価値観を共有する

ペンテコステ派のクリスチャンは、地元の教会に出席して自身が成長するだけではなく、教会の外にも成長に不可欠なものを提供するようになるのが重要な特徴だ。彼らは、自らが経験しているだけでは満足できないほど、神から与えられたものに感謝している。そして、自分と同じように他の人にも、神の霊のムーブメントに加わる機会があるべきだと考えるのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Not only does a valued distinctive encourage participation and growth in the local body, but it also provides an imperative for growth outside of the local body. When you appreciate what you have as much as Pentecostals do, you aren’t satisfied to experience it yourself. You think others should have the same opportunity to partake of the movement of the Spirit of God.

私がペンテコステ派の指導者と会うとき、彼らは、どこに教会を建てるべきかについて戦略を立てている。地図を出して、注意を向けるべき場所を決める。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When I meet with Pentecostal leaders, they’re strategizing about where to plant a church. They break out the maps and determine where they need to focus their attention.

10ブロックほどの地域に、すでに6つも教会があったとしても気にしない。彼らにとって、自分たちが教会を建てるまで、そこには霊に満ちた教会が一つもないからだ。だから彼らの多くは、自分の地域だけでなく世界中で熱心に教会を建てている。(後編に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Never mind there are already six churches in a 10-block community. To them, there’s not a Spirit-filled church in that community until they plant one. So they are often avid planters, not just in their own area, but also around the world.

 

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.