国際

パキスタンで死刑判決の女性クリスチャン 逆転無罪に

投稿日: -

 

パキスタン最高裁判所は先月31日、2010年にイスラム教に対する冒とく罪で死刑判決を受けていたクリスチャン女性のアーシア・ビビさんに無罪判決を下した。

ビビさんはパキスタン中部パンジャブ州出身の5児の母親で、2009年にイスラム教徒と口論になった際、預言者ムハンマドの名を汚したとして、初めて冒とく法が適用され、絞首刑を言い渡されていた。しかし今回、最高裁は証拠不十分と判断した。

ビビさんは8年間にわたり死刑囚として勾留されていたが、無罪となった後も、それに反発して暴力的な抗議行動を展開するイスラム強硬派から身の安全を守るため、同じ拘置所にとどまっていた。しかし今月8日、その拘置所から国内の別の場所に移送されたことが分かった。

AFP通信が伝えたところによると、カーン首相は国営放送で、最高裁の判断を尊重するよう国民に強く求めた。

(画像:ウィキペディア)


パキスタンに渡航歴のある国際NGO代表者は、パキスタン国内の様子について次のように語る。

「パキスタンの宗教弾圧は、数年前より悪化しているように感じます。我々も、支援先や派遣している人などは公表していません。情報に関しても、非常に慎重に扱っているという現状です。今回のクリスチャン女性が解放された件は喜ばしいと思いますが、このようにキリスト教徒が捕らえられたりするのは日常茶飯事のようです。特に西側の地域がひどいようです。東側の地域、ラホールのあたりには、神学校もあれば、教会もあります。礼拝も行われますが、あくまでも『社会的な弾圧の下で』ということです。反抗したり抵抗したりするのではなく、静かに祈るという姿勢を貫いているように見えました」

クリスチャンプレス は、FELLOW WORKER(同労者)同士が手をつなぐために記事を配信しています。ぜひシェアしてご活用ください。
Tweet 20

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-国際
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.