パキスタンで死刑判決の女性クリスチャン 逆転無罪に

 

パキスタン最高裁判所は先月31日、2010年にイスラム教に対する冒とく罪で死刑判決を受けていたクリスチャン女性のアーシア・ビビさんに無罪判決を下した。

ビビさんはパキスタン中部パンジャブ州出身の5児の母親で、2009年にイスラム教徒と口論になった際、預言者ムハンマドの名を汚したとして、初めて冒とく法が適用され、絞首刑を言い渡されていた。しかし今回、最高裁は証拠不十分と判断した。

ビビさんは8年間にわたり死刑囚として勾留されていたが、無罪となった後も、それに反発して暴力的な抗議行動を展開するイスラム強硬派から身の安全を守るため、同じ拘置所にとどまっていた。しかし今月8日、その拘置所から国内の別の場所に移送されたことが分かった。

AFP通信が伝えたところによると、カーン首相は国営放送で、最高裁の判断を尊重するよう国民に強く求めた。

(画像:ウィキペディア)


パキスタンに渡航歴のある国際NGO代表者は、パキスタン国内の様子について次のように語る。

「パキスタンの宗教弾圧は、数年前より悪化しているように感じます。我々も、支援先や派遣している人などは公表していません。情報に関しても、非常に慎重に扱っているという現状です。今回のクリスチャン女性が解放された件は喜ばしいと思いますが、このようにキリスト教徒が捕らえられたりするのは日常茶飯事のようです。特に西側の地域がひどいようです。東側の地域、ラホールのあたりには、神学校もあれば、教会もあります。礼拝も行われますが、あくまでも『社会的な弾圧の下で』ということです。反抗したり抵抗したりするのではなく、静かに祈るという姿勢を貫いているように見えました」

Share

Related Posts

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師の信じている8つの嘘(1)

  2. 仏ニースで教会襲撃、3人死亡し首切断も 2020年11月1日

  3. 【寄稿】金正恩が再登場するまでの異変 横田めぐみさんは? 西岡力

  4. 「逃亡犯条例」改正案の正式撤回 「学生の女神」周庭氏も香港政府トップの林鄭月娥行政長官もカトリック

  5. 【米CT】死海文書の偽物は他にもあるのか?(1)

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ブック・アワード2019(1)

  7. 新型ウイルス集団感染の韓国宗教団体「新天地」指導者を逮捕 2020年8月3日

  8. 新回勅は「兄弟愛は真の連帯を築くもの」とパロリン枢機卿 2020年10月11日

  9. 【米CT】郵送投票と祈りで勝利したバイデン次期大統領(1)

  10. サグラダ・ファミリア、2026年の完成不可能に 2020年9月18日

  11. インドネシアのカトリック教会で自爆テロ 信徒ら20人が負傷

  12. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ノーベル平和賞はペンテコステ派のエチオピア首相(対訳)

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】シリアのクリスチャンから米国へのメッセージ「私たちを見捨てないでください」(対訳)

  14. 教皇フランシスコ「公式な招待状が届けば、北朝鮮に行くことはできる」

  15. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在③ 福音派が神を置き去りにした歴史(前編)

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。