横田滋さん召天、87歳 横田めぐみさんの父親 2017年クリスチャンに

 

横田滋(よこた・しげる)さんが5日午後2時57分、老衰のため川崎市内の病院で召天した。87歳。北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親で、拉致被害者家族会の初代代表だった。

2014年に米国大使公邸で横田滋さん(左から3人目)と早紀江さん

1932年、徳島県に生まれ、北海道で育った。日本銀行新潟支店に赴任していた77年11月15日、中学1年だっためぐみさんがバドミントン部の練習を終え、友だち2人と別れて自宅まで数分というところで忽然(こつぜん)と姿を消した。98年、亡命した北朝鮮工作員の証言などから、北朝鮮の工作員による拉致ということが確実になった。翌年、被害者家族と家族会を結成して初代の代表に就任し、2008年に健康上の理由から辞任。長らく妻の早紀江さん(84)と一緒に1400回を超える講演して回り、被害者救出を訴えてきた。

早紀江さんは、めぐみさんが失踪した翌年、友人に勧められて聖書を読むようになり、めぐみさんが成人となる84年、日本同盟基督教団・五十嵐キリスト教会(新潟市)で受洗。2017年11月4日、滋さんも日本福音キリスト教会連合・中野島キリスト教会の國分広士牧師から自宅で洗礼を受けた。

【関連記事】横田滋さんの妻の早紀江さんら会見 「必ずめぐみちゃんを取り返すからね」

Share

Related Posts

  1. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(18)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その2

  2. 日本ホーリネス教団、教会に集まらない場合の礼拝や役員会、献金のやり方を具体例でアドバイス 近隣への配慮も

  3. オンライン献金への日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の対応(後編)

  4. 教皇訪日のオフィシャル・テーマソング公開

  5. 東京基督教大学、創立以来初の改革 2021年春から「総合神学科」の1学科に

  6. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(14)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その3

  7. 誰もが知るあのクリスマスソングはまさかのスピード作曲!? 〜讃美歌の歴史やトリビア〜

  8. 日本ホーリネス教団 礼拝などの諸集会の再開に向けてのガイドラインを提案

  9. 酪農学園大 次期学長に竹花一成現学長を再任

  10. ドキュメンタリー映画「牧師といのちの崖」アンコール上映が決定

  11. 映画「名もなき生涯」 戦争で信仰を貫いたクリスチャン夫婦の実話(読者プレゼントも)

  12. カトリック鹿児島教区、全小教区において今年の聖週間の典礼は非公開に

  13. 6月1日から公開ミサ再開予定のカトリック福岡教区、北九州市で19日まで中止

  14. 【インタビュー】金城学院大学学長・小室尚子さん(1)教会の礼拝から始まる1週間

  15. 5000人超の足跡を収録 教文館『日本キリスト教歴史人名事典』刊行 日本キリスト教史研究の「里程標」 〝教会ウォッチャー〟八木谷涼子さんが編集の舞台裏を直撃取材 2020年9月21日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。