• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】教会での新型コロナ・ウイルス対策──手と手の接触を制限する時が来た(対訳)

【米クリスチャニティ・トゥデイ】教会での新型コロナ・ウイルス対策──手と手の接触を制限する時が来た(対訳)

 

「パニックにならないで。マスクを買うのをやめて、手を洗いましょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Don’t panic… Stop buying masks… Wash your hands.

「それから、教会での握手をやめましょう」

これは、米公衆衛生局のジェローム・アダムス長官と今朝(3月4日)交わした会話の一部だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
All of those were part of a conversation this morning with Surgeon General Jerome Adams. A small group of faith-based leaders met with Adams to talk about how the faith-based community might respond to the spread of HIV/AIDS, with the reality that the states with the fastest-growing new incidents of HIV are states that are rural and more religious. Surgeon General Adams talked much about the role faith-based communities have in public health, sharing some of his own story. Furthermore, the administration has been engaging in issues of the opioid epidemic, mental health, and other major concerns.

米政権の新型コロナ・ウイルス対応タスクフォースのメンバーと共に記者会見するトランプ大統領。右端がジェローム・アダムス長官(写真: The White House from Washington, DC)

新型コロナ・ウイルスについて質問したのだが、アダムス長官の許可を得て、ここで彼の答えを伝えたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Our Rural Matters Initiative has been a part of an ongoing conversation with the HHS Partnership for Good around the opioid epidemic and mental health, and (more recently) HIV/AIDS. Near the end of our meeting, the Surgeon General invited us to ask questions. I asked about coronavirus, and with his permission, I am sharing his answers here. You can also read my post from a few days ago on “Coronavirus, Christians, and a Christ-Centered Response.”

健康は最優先事項でなくてはならない。これは香港、イタリア、韓国、その先へと、世界中に広がりを見せる新型コロナ・ウイルスの前では特にそう言えるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Health should always be a priority for us. This may be true now than ever as we watch the novel coronavirus (COVID-19) spread its way through the globe—Hong Kong, Italy, Korea, and more.

新型コロナ・ウイルスの最新情報は、世界保健機関(WHO)のホームページで手に入れることができる。16日の時点で、新型コロナ・ウイルス感染者は世界中で16万人を超え、そのうち米国の感染者は3000人を突破した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
You can, in fact, find today’s coronavirus facts on the World Health Organization’s update page here. As of today, there are over 90,000 confirmed cases of COVID-19 globally, 64 of those being in the United States. (See updates for the U.S. here.) Of course, compare this to over 18,000 people who have died of the flu this year so far.

このウイルスは不明なことが多く、無防備だと感じる人が多い中で、私たちの多くは恐れを抱くだろう。事実、多くの米国民が急いでマスクを購入している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
However, because this virus is so new and many of us feel unprotected, our first response may be one of fear. Many Americans have in fact even been purchasing protective masks at such a rate that the Surgeon General wrote this in a recent CNN op-ed piece:

だがマスク利用は、ほとんどの米国民に奨励されていない。マスクの買い占めは、医療従事者など必要としている人への供給を減らしてしまうため、実際には逆効果だ。ウイルスに感染した人を治療するためには、医療従事者のもとにマスクやその他の医療品があることがとても重要なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Masks are not recommended for use by most Americans and hoarding of masks can actually hurt our response by reducing the supply available for medical professionals who need them. It’s critically important our health providers have masks and other medical supplies when caring for people who have been exposed to the virus.

病気に対して、私たちが自らの身を守ることは決して悪いことではない。私が手指の消毒剤をストックしているのは、そう信じているからだ。しかし、まず取るべきもっと初歩的な注意事項がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Protecting ourselves against disease is not a bad thing, and my stock of hand sanitizer is evidence that I’m a believer, but there are more basic precautions we can take as first measures.

少し話を戻そう。

ジェローム・アダムス長官(写真: The White House from Washington, DC)

事実、ジェローム・アダムス公衆衛生局長官は、「米国を封鎖することはできない」と警告した。さらに、「新型コロナ・ウイルス対策は新たなフェーズに入った」とし、「コミュニティー内での感染の広がりを制限する時期だ」という。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In fact, during our meeting this morning, the Surgeon General expressed that “the risk to any individual [American] is incredibly low.” However, he cautioned that, “We can’t hermetically seal the United States” and that the coronavirus task force is moving to a phase of seeking to “limit the spread of cases in the community.”

感染スピードの速いSARS(サーズ)やMERS(マーズ)など他の疾患は、「基本的な公衆衛生の注意」によって対応に成功しており、個人ができる最重要の予防策が「頻繁な手洗い」であることを強調した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
He pointed out that other rapidly spreading diseases like SARS, MERS, and others were successfully addressed with “basic public health precautions” and emphasized that the most important thing a person can do is to “wash hands frequently.”

最近、ネット上で拡散している「ミーム」(文字を付け加えた画像)で「手は洗うべきだ」と再確認した人も多いことだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Perhaps you’ve seen the meme going around lately that reminds us all that even when we don’t have a global pandemic, we should wash our hands.

それは賢明なアドバイスだ。

社会的に距離を置く時か

現在、政府が取っている新型コロナ・ウイルス対策は三つある。分離、隔離、そして社会的に距離を置くことだ。研究者と医療従事者が新型コロナ・ウイルスをより良く理解しようとする中で、そのすべてが重要だと考えられている。最初の二つは特定の個人に対する措置であり、ほとんどの人には適応されない。しかし3つめは、このウイルスが拡散している間、すべての人にとってメリットがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
There are three ways governments are dealing with coronavirus right now and I believe all are important as researchers and health practitioners seek to better understand COVID-19: isolation, quarantine, and social distancing. For most of us, the first two are not very applicable and are aimed at specific individuals (though Craig Groeschel and Bobby Gruenewald are currently quarantined). But the latter is something that all of us would benefit from during the spread of this virus.

インターネットサイトVOXの記事によれば、社会的に距離を置くこととは、「ウイルス拡散を抑えるために、人々が大勢で集まることをやめさせるための方法」だ。記事には次のようにある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Social distancing, according to an article on Vox, refers to “a slew of tactics meant to keep people from congregating in large crowds, to slow the spread of a virus.” According to the article:

「分離や隔離と違い、社会的に距離を置くことは、特定の個人ではなく、すべてのコミュニティーに適応されます」と、ワシントン大学法学部で健康にまつわる法律が専門であるリンゼイ・ワイリー教授はメールで説明した。「社会的に距離を置く方法としては、スポーツ・イベント、コンサート、宗教的集会など、大勢の人が集まる集会を延期または中止すること、そして学校の閉鎖とテレワークの奨励などです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Unlike quarantine and isolation, social distancing orders typically apply to whole communities, not specific individuals,” Lindsay Wiley, a health law professor at the Washington College of Law, explains in an email. These measures include postponing or canceling mass gatherings like sporting events, concerts, or religious gatherings. It could mean closing schools or encouraging telework.

教会での集会を中止するかどうかは、切迫した問題だと捉える人も、そうでない人もいるだろう(ある国ではすでにそうなっているし、ここワシントン州でもそうだ)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yes, postponing or cancelling church gatherings may or may not be on the horizon (and are already happening in some countries, but also here in Washington state).

しかし、私が今朝教えられたのは、(1)手指の消毒剤を利用することは悪いことではなく、(2)教会は早めの予防策を取ることができるということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
However, for now, my takeaway from the meeting this morning was this: (1) hand sanitizer is not a bad thing and (2) our churches can be taking a few early preventative steps.

新型コロナ・ウイルスに備えて教会で始められる3つの対策は次のとおり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Here are three ways you can start preparing your church for Cononavirus:

1 「礼拝出席者の健康をできる限り守る」という意思決定について、教会員と良いコミュニケ―ションを取ること

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
First, communicate well with your church when it comes to your commitment to keep your people as healthy as possible.

これは、「咳(せき)、くしゃみ、熱、吐き気、痛みなど、インフルエンザと似た症状が出た場合、家から出ないように」と教会員に伝えることだ。そして、「あなたを愛している」と伝え、「ほかの人に感染させるような症状がなければ次週に会える」と言うことも忘れずに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This includes reminding your people that if they have any type of symptoms of coughing, sneezing, fever, nausea, achiness, or any flu-like symptom, to stay home. Remind them that you love them, but that you can see them next week if they are experiencing anything that may be contagious.

2 全員の衛生状態を保つため、スタッフとボランティアで正しい知識を共有すること

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Second, reeducate your church staff and volunteers regarding good hygiene for all.

特に高齢者や子どもに関わる人たちには、どのプログラムでも、手洗いなど健康を守るための行動の大切さを伝える必要がある。特に「自己免疫疾患のある人々に対しては、気を配る必要がある」と念を押す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Especially those working with older and younger populations need to enforce the importance of hand-washing and good health practices with all those in your programs. Remind them that we need to be especially cautious of those who may have suppressed immune systems.

3 病気の感染拡大の原因となりうるルーティンを(たとえ一時的でも)変更していい時だ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Finally, now might be a good time to (at least temporarily) modify routines that may threaten to spread disease.

たとえば礼拝のプログラムの中に、互いに挨拶(あいさつ)し合う時間があるならば、握手やハグの代わりに、ただ挨拶を交わすだけにとどめるよう案内する。多くの教会がすでに別な方法を取ることを考慮し始めており、それらの数をもう少し増やしてもいい時が来たようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For example, during the greeting time (if you have one), encourage people to simply say hello instead of shaking hands or hugging. (We used elbow bumps in our meeting this morning.) Already churches have been considering altering their practices, and it appears to be time to increase those measures just a bit.

アダムス公衆衛生局長官は、「1、2週間の間に事態がどのようになるか、もっと分かってくるだろう」と強調し、「ある地域では、礼拝のような公共の大きな集会が制限されることもあるだろう」とした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Surgeon General emphasized that we will know a lot more “in a week or two” on how this will play out, and in some places “large public gatherings” such as church services may have to be restricted.

しかし、社会的に隔離を置くことは、いま始めなくてはならない。私は、「握手など、教会の中で行われる活動を制限すべきか」と質問したところ、答えは、「接触を制限するのは賢明だ。特に手と手の接触は」だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
However, social distancing is something that should start happening now. I specifically asked if we should be limiting church activities like shaking hands. He responded, “It is prudent to limit touching, especially hand-to-hand.”

ということで、今、恐れから目を上げ、良い健康習慣をつけるために、できることはすべてやろう。それも毎日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
So, for now, let’s do all we can to run from fear and into good health practices that we should all be engaging in every day.

執筆者のエド・ステッツァーはビリーグラハム・センター所長、ホイートン大学学部長。

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。クリスチャンプレス編集部により、感染者数などを更新しています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/edstetzer/2020/march/your-church-and-coronavirus-advice-for-churches-from-surgeo.html

Share

Related Posts